【学生にイチオシ】三井住友VISAデビュープラスカードは社会人になってからも使える学生に人気

debutplus

学生のうちにクレジットカードを持つにしても、社会人になってからも長く使えるものを選びたいところです。そこでオススメできるのが三井住友VISAデビュープラスカード。

このカードは日本で初めてVISAカードを発行した三井住友カードが発行している若者向けのクレジットカードで、不正利用や紛失・盗難への対応もバッチリです。

また、少しでも節約したい若い間はポイントがたくさん貯まり、25歳をすぎて社会的な信用が必要になった頃にはゴールドカードにグレードアップします。

自分の状況の変化に合わせてカードがグレードアップするので、長く使い続けることができるのが大きな特徴です。

年会費
  • 初年度無料
  • 年1回以上の利用で
    翌年度無料
国際ブランド
旅行保険 なし
限度額 10〜30万円
最短発行日数 3営業日

●申込資格の詳細

  • 高校生を除く満18歳以上満25歳以下の学生(研究生・聴講生・科目履修生・語学学校生・予備学校生・認可校以外の専門学校生は、「学生」として申し込めません)
  • PiTaPaカードを同時に申し込む場合、25歳未満なら親権者の同意が必要
今ならカード発行でキャンペーン中!
  • 新規入会後3か月間はもれなく利用金額の20%プレゼント(最大1万円

18歳〜25歳限定の若者向けカード

若いうちはポイントで節約でき、その後ゴールドカードに昇格します

このカードは、冒頭でも説明したとおり、有名なカード会社である三井住友カードが発行している若者向けのカードです。そのため、申し込みができる年齢が18歳から25歳と決められています。(ただし18歳でも高校生は申し込み不可

なお、このカードは学生専用カードではないので、学生の間に申し込めば卒業後も引き続いて持つことができるしくみになっています。

20歳未満の学生は保護者の同意が必要!

このカードは18歳以上なら学生でも持つことができます。ただ、20歳未満の学生は保護者の同意が必要で、保護者の同意がないと絶対に持つことができません。

また、20歳以上であっても保護者の同意の有無で次のように限度額が変わります

  • 保護者の同意あり…30万円
  • 保護者の同意なし…10万円

そのため、三井住友VISAデビュープラスカードは年齢を問わず、絶対に保護者の同意があった方がいいわけです。保護者の同意は、入会申込書に保護者本人に署名してもらえばOKです。

入会申込書というのは、このカードにインターネットで申し込んだ後にカード会社から郵送される書面で、以下のような書類です。

三井住友カード「入会申込書記入方法について」

この書類に保護者の方に名前を書いてもらえばOKというわけですね。

26歳をすぎるとゴールドカードにランクアップ

先ほど、三井住友VISAデビュープラスカードは18歳から25歳まで持つことができると説明しました。

「じゃあ、26歳になったらどうなるの…?」

という不安を抱く学生の方も多いと思いますが、このカードは冒頭でも説明したとおり、26歳をすぎると自動的にゴールドカードに更新されます。

このしくみをくわしく説明すると、まず三井住友VISAデビュープラスカードは有効期限5年で発行されます。つまり、この5年間は何歳であろうとこのカードを利用できるわけです。

そして5年の有効期限がすぎたときに26歳以上になっていると、自動的に三井住友VISAプライムゴールドカードに更新されます。

三井住友VISAプライムゴールドカードとは、三井住友カードが発行している20代の若者向けのゴールドカードのことです。機能やサービスは普通の三井住友VISAゴールドカードと変わらないにも関わらず、年会費が低く抑えられているというメリットがあります。

三井住友カードと言えば、日本では一、二の規模を争う最大手のクレジットカード会社。そんなステータスの高い三井住友カードのゴールドカードを自動的に手に入れることができるのは、三井住友VISAデビュープラスカードを持つ大きなメリットです。

なお、三井住友VISAプライムゴールドカードも有効期限5年で、30歳をすぎると自動的に三井住友VISAゴールドカードに更新されます。つまり、三井住友VISAデビュープラスカードを手に入れることにより、将来のゴールドカード取得が約束されるということなのです。

三井住友VISAプライムゴールドに更新すればボーナスポイント!

25歳をすぎると三井住友VISAプライムゴールドを手に入れられるというだけでも大きなメリットなのですが、そこにプラスしてボーナスポイント500ポイントが獲得できます。

「ボーナスポイントって何だ?」

と思われる学生の方が多いと思うので説明しますと、三井住友カードにはワールドプレゼントのという名前のポイントプログラムがあります。

三井住友VISAプライムゴールドカードに更新すると、このワールドプレゼントのポイントが500ポイントもらえるというわけです。このポイントは1ポイント=約5円で利用することができるので、2,500円分のプレゼントを受け取ることができることになります。

たとえるなら、三井住友カードからのお礼みたいなものでしょうか?(笑)ステータスの高い三井住友VISAプライムゴールドカードが手に入れられる上に2,500円分のボーナスポイントまで受け取れるのは、非常によい話です。

一般カードへの切り替えもできる

三井住友VISAデビュープラスカードは、自動的に三井住友VISAプライムゴールドカードに更新されるのが大きな特徴です。ただ中には、

「三井住友VISAデビュープラスカードは持ちたいけど、ゴールドカードは別に持ちたくない(汗)」

と考えている学生の方もいらっしゃるかもしれません。そのような場合は、25歳をすぎてカードが更新されるタイミングで三井住友VISAクラシックカードに更新することもできます。

三井住友VISAクラシックカードとは、三井住友カードの中でもっともスタンダードなクレジットカードです。このカードはデビュープラスとくらべるとポイントが半分とお得度は下がるものの、社会人でも簡単な条件で年会費無料にできるというメリットがあります。

なので、プライムゴールドカードのような付帯サービスよりも少ない年会費でセキュリティ対策万全の三井住友カードを持ちたいという方には、三井住友VISAクラシックカードを選ぶという選択肢があります。

いつでもカードを解約できる(無料)

クレジットカードは電話1本でいつでも簡単に解約できます

ここまで三井住友VISAデビュープラスカードは、25歳をすぎるとプライムゴールドカードとクラシックカード、好きなカードに更新できると説明しました。でも中には、

  • 「三井住友VISAデビュープラスカードは使いたいけど、
    プライムゴールドとクラシックカード、どっちも興味がない」
  • 「三井住友VISAデビュープラスカードを使ってみたけど、
    やっぱりほかのカードを持ちたい」

そのように感じることもあるかもしれません。これは三井住友カードに限ったことではありませんが、クレジットカードはいつでも電話1本で簡単に解約することができます。解約手数料や違約金などはまったくかからず、完全に無料なので安心してください。

なお、ここまで説明した三井住友VISAデビュープラスカードがゴールドカードに自動的にランクアップするしくみについては「三井住友VISAデビュープラスカードとプライムゴールドの5つの違い」でくわしく説明しています。

以上のとおり、三井住友VISAデビュープラスカードは18歳から25歳までの若者向けカードで、25歳をすぎると自動的にゴールドカードにランクアップするのが大きなメリットです。

三井住友カードは国内トップクラスのカード会社

三井住友カードは日本を代表するクレジットカード会社の1つです

ここまで、三井住友VISAデビュープラスカードを発行している三井住友カードは、とても規模が大きなクレジットカード会社だと説明しました。

三井住友カードという名前は、今まで1度もクレジットカードを持ったことがない学生の方でも聞いたことがあるのでは?

それもそのはず、三井住友カードは会員数2,838万人と、日本を代表するといっても言い過ぎではないクレジットカード会社なんです。

なお、この会員数は2017年度現在で、三井住友カード会社案内サイト「業績データ」を参考にしています。

つまり、日本で2,838万人が三井住友カードのクレジットカードを持っているということですね。

ちなみに、CMやネット上でよく名前を聞く楽天カードの会員数は1,500万人と、三井住友カードの約半分です。このことから、いかに三井住友カードが規模の大きなクレジットカード会社かわかっていただけると思います。

カード会員数が多いということは、それだけ多くの人が三井住友カードを信頼し、満足していると考えることができます。もしも微妙なカード会社だったら、みんなカードを解約してしまって会員数が増えませんからね(汗)

「なるほど。三井住友カードが大きなクレジットカード会社で信頼できるのはわかった。
でも、具体的にどんないいことあるの?」

確かに、いくら三井住友カードが大きな会社で会員数が多いといっても、目に見えるメリットがないと三井住友VISAデビュープラスカードを持つ意味がわかりませんよね。

三井住友カードは、次の点でほかのクレジットカード会社よりも優れています。

三井住友カードが特に優れているポイント3つ
  • トラブルがあったときの電話対応がバッチリ
  • 世界レベルで評価を受けている高いセキュリティ
  • VISAブランドは世界シェアNo.1

つまり、三井住友カードは日本だけでなく世界中で使える上、カードの紛失・盗難やインターネットでの不正利用への対応が万全だというわけです。

特にクレジットカードはなくしたり盗まれたり、さらにはインターネットで不正に悪用されないか?1番心配なところです。その点、三井住友VISAデビュープラスカードなら悪用される危険性がかなり低く、万一のトラブルにもスムーズに対応してもらえます。

ここから、三井住友カードがほかのクレジットカード会社よりも優れている3つのポイントを説明します。

1.トラブルがあったときの電話対応がバッチリ

大企業なのでサポート体制は万全です※写真はイメージで、三井住友カードの社員さんではありません

三井住友カードは、トラブル時の電話サポートがとても優れています。具体的に何が優れているのかというと、会員専用の電話番号に電話をすれば、すぐに出てくれます。

「いやいや、クレジットカード会社なんだから、そんなの当たり前でしょ(汗)」

という声が聞こえてきそうなのでくわしく説明します。

実は、年会費の安さ(無料)やポイントが貯まることをウリにしているクレジットカード会社は、トラブルがあったときのサポート体制があまりよくないのが現実です。

管理人が他社の年会費無料カードで経験した苦い思い出

管理人自身、ポイント目当てで楽○カードなどの年会費無料カードをいくつか持っていますが、正直なところ電話サポートはイマイチだな…という印象を持っています。

どういう部分がイマイチだったのかというと、海外のインターネットサイトで使えなかった上、こちらの期待どおりに対応してもらえなかったというイヤな思い出があります。

  • 海外のインターネットサイトの買い物でカードが使えないのでカード会社に電話したところ、なかなかつながらない…
  • やっと電話がつながって要件を伝えたら「それでは、そのサイトで利用できるように対応します」との返事
  • それにも関わらず、やっぱりそのサイトでカードが使えない…

こんな感じのことがありました。結局面倒くさくなったので、三井住友カードを使ったら問題なく利用できました。

特に最近はインターネットショップでの不正利用が増えているため、多くのクレジットカードはインターネットショッピングに神経質になっています。ただ、それが原因で私たちが本当に買い物をしたいときでも利用できないことが多々あるわけです(涙)

ちなみに、三井住友カードはインターネットショッピングでも抜群のセキュリティで、しかも私たちが買い物するときは困らないという精度の高いシステムを構築しています。(三井住友カードのセキュリティについては、後ほどくわしく説明します)

もしかしたら管理人が使ったサイトに大きな問題があったのかもしれませんし、たまたま運が悪かった可能性もあります。でも、印象は悪いです(苦笑)

その点、三井住友カードならトラブルで不安なときもすぐに電話がつながって解決できるというわけです。

クレジットカードのトラブルはお金に関わるので、なるべく早く、そして安心して対応してもらいたいものですが、三井住友カードならその願望をバッチリ叶えてくれます。

三井住友カードが電話で対応してくれるトラブルというのは、もっとも多いものでカードの紛失・盗難が考えられます。

クレジットカードを入れていた財布をなくしてしまうと、クレジットカードが他人に悪用される危険性があります。なので、三井住友カードにそのことをいち早く伝える必要があります。そんなとき、三井住友カードはすぐに電話に出てくれるので、悪用される確率を下げることができます

あとは新しいクレジットカードを発行してもらえば、再びカードを利用することができます。

クレジットカードの紛失・盗難による被害はカード会社が補償してくれる

これは三井住友VISAデビュープラスカードに限ったことではありませんが、クレジットカードの紛失・盗難で他人に勝手にカードを使われてしまった場合は、その被害をカード会社が補償してくれます。

つまり、クレジットカードは自分で使った代金しか支払う必要がないわけです。財布をなくすと中に入っている現金が返ってくる可能性は限りなくゼロに近いことを考えると、クレジットカードは現金よりも安全に持ち歩くことができるアイテムだと言えます。

2.世界レベルで評価を受けている高いセキュリティ

三井住友カードはVISAインターナショナルから表彰されるほどのセキュリティの高さです

三井住友カードは、カードのセキュリティもバッチリです。具体的にどんなふうにバッチリなのかというと、以下のような特徴があります。

三井住友カードのハイレベルなセキュリティ対策
  • 1.ICチップを搭載
  • 2.24時間365日稼働の不正利用検知システム
  • 3.バーチャルカードが発行できる
  • 4.不正利用を補償

上の内容を見ると「ふーん、で?」って感じだと思いますが、三井住友カードはVISAインターナショナルからアジア・太平洋地域でもっともセキュリティが優れているという理由で表彰されたことがあるんです。

VISAインターナショナルというのは、国際ブランドVISAを作って発行している世界企業です。

そんな会社からセキュリティが優れていると表彰されるということは、三井住友カードはアジア・太平洋地域でセキュリティがもっとも優れている会社だと言ってしまっていいのではないでしょうか?

そのため、三井住友VISAデビュープラスカードは不正利用などの被害に遭う確率が限りなく低いクレジットカードだと言えます。

ここから三井住友カードのハイレベルなセキュリティ対策について説明します。

1.ICチップを搭載

三井住友カードが発行しているカードは、三井住友VISAデビュープラスカードをはじめほぼすべてのカードにICチップを搭載しています。

ICチップはカードの表に埋め込まれている金色のチップで、このチップにカード会員の名前やカード番号、カード有効期限といった情報が暗号化されて記録されているため、偽造やデータの解析がとても困難です。そのため、ICチップを搭載したカードはカード情報を盗み取られる可能性が低いというわけです。

とは言っても、今ではほぼすべてのクレジットカードに当たり前のようにICチップが搭載されています。ただ、三井住友カードは他社よりも早い段階でセキュリティの高いICチップを導入していました。

このことからも、三井住友カードはカードのセキュリティ対策への取り組みに積極的なカード会社だと言えます。

2.24時間365日稼働の不正利用検知システム

三井住友カードの不正検知システム(業界最高水準)で不正利用をバッチリガードしてくれます!

すべてのクレジットカード会社は、カードがインターネットで不正利用されないようにシステムで監視し、怪しいカード利用があればカード会員に電話して「本当にカードを利用したか?」確認したり、カード利用を停止するなどの対応を行っています。

怪しいカード利用というのは、明らかに日本でカードを使っているのに海外のお店でカードが利用されたり、謎の海外サイトでカード利用があったときです。カード会社は「不正利用でよく使われる怪しいサイトリスト」みたいなデータを持っているわけです。

三井住友カードの不正検知システムは業界最高水準

その中でも三井住友カードの不正検知システムは他社カード会社よりも優れていて、三井住友カード自身が公式サイト上で以下のとおり業界最高水準と言っています。

弊社では業界最高水準の不正使用検知システムを導入し、24時間365日お客さまのカードのモニタリング(不審カード利用チェック)を行っております。

このシステムにより不正利用の可能性のある事態を事前・早期に発見できる体制を整えておりますのでご安心ください。

(引用:三井住友カード公式サイト「カード不正使用に対する取組みについて」)

この不正検知システムがカード会員にとって具体的にどんなメリットがあるのかというと、万が一勝手にカード情報が盗まれてインターネットなどで不正利用されたとき、その支払いは保留されます。

そして、三井住友カードから「○○というサイトでカードを使いましたか?」という電話がすぐにあります。もしも心当たりがまったくなくて他人に悪用されていればそのカード利用は無効となります。そして代金を支払う必要はありません

カード会員本人に確認が取れるまでカードは停止される

ただ、三井住友カードからの電話にすぐに出ることができないこともよくあります。

「そんなときは悪用されても代金を支払わなければならないの…?」

と不安になるかもしれませんが、カード会社は電話でカード会員本人の確認が取れるまでクレジットカードの利用を停止してくれます。これは再び不正利用されるのを防ぐためです。

そしてカード会社から電話があったことにいつまでも気づかなかったとしても、自分でカードを使おうとしても利用できません。このとき絶対にカード会社から電話があったことに気づくことができるというわけです。すぐにカード会社に電話すれば、カードは再び使えるようになります

このように、三井住友カードは不正利用の被害を最大限防ぐことができる体制を整えています。

3.バーチャルカードが発行できる

バーチャルカードはインターネット決済専用カードなので気軽に利用しやすい

三井住友VISAデビュープラスカードは、追加カードとしてバーチャルカードを発行することができます。

バーチャルカードは、三井住友VISAデビュープラスカードとは別のカード番号で、インターネットでの買い物だけで利用できる架空のクレジットカードのことです。そのため、実店舗での買い物では利用できません

バーチャルカードのメリットは、インターネットショッピングでもしも不正利用などの被害に遭ったときに新しいカード番号を受け取ることができることです。

「それって、別にクレジットカードと同じじゃん。しかも、インターネットでしか利用できない分不便だし…」

という声が聞こえそうですが、新しいカード番号のクレジットカードの発行を受けようと思うと、数日間は手元にクレジットカードがない状態になってしまいます。また、ケータイ料金やインターネットプロバイダなど、毎月の支払いにクレジットカードを使っていると、それらのカード情報を変更するという手間が発生します。

バーチャルカードなら、クレジットカード本体とは別のカード番号なので、そういった不便な状況になることなく手軽に再発行が受けられるというわけです。

もちろん、万が一不正利用などの被害に遭っても全額補償されるので、セキュリティ面でも安心です。

そのため、海外サイトなどでインターネットショッピングの機会が多い方なら、三井住友VISAデビュープラスカードと合わせてバーチャルカードを持っておくことにより、より安全で手軽にインターネットショッピングを活用することができます。

4.不正利用は全額補償してくれる

先ほど、バーチャルカードはインターネット上で不正利用されても補償してくれると説明しました。でも、これはバーチャルカードだけでなく、三井住友VISAデビュープラスカード本体も不正利用を補償してくれるようになっています。

三井住友カードはここまで説明したとおり、ICチップやハイレベルな不正検知システムなどの強力なセキュリティ対策を行っています。それでも、不正利用される確率はゼロではありません。

しかし、これは三井住友カードに限った話ではありませんが、万が一インターネットでカードを不正利用されて被害を受けた場合、全額をカード会社が補償してくれます。

つまり、安心してインターネットショッピングでカードを利用できるというわけですね。

三井住友VISAデビュープラスカードは顔写真入りが発行できない

三井住友カードは、セキュリティ対策の1つとして写真入りカードを発行しています。

写真入りカードというのは、カードの裏面にカード持ち主の顔写真が特殊印刷されたクレジットカードのことです。カードの裏を見れば持ち主の顔がわかるので、紛失や盗難で他人に悪用されそうになったときの被害を防ぐ効果があります。

写真入りカードを発行しているカード会社は三井住友カード1社だけなので、「写真入りカードが欲しい!」という方なら三井住友カードを持つ大きな理由になります。

ただ、このページで紹介している三井住友VISAデビュープラスカードは写真入りカードの対象外です(泣)

写真入りカードを発行している中で三井住友カードで学生に関わりがあるのは、以下の4種類になります。

写真入りカードが用意されている三井住友カード
  • プライムゴールドカード(デビュープラスカードから自動的に更新される)
  • クラシックカード
  • クラシックカードA
  • アミティエカード
プライムゴールドカードは学生は申込み資格がありません。

そのため、もしも写真入りカードを持ちたいと考えているなら、クラシックカードかクラシックカードA、アミティエカードの3種類のどれかに申し込むか、三井住友VISAデビュープラスカードからプライムゴールドカードに昇格するのを待つしかありません。

3.VISA(ビザ)ブランドは世界シェアNo.1の国際ブランド

VISAはクレジットカードの売上高が50%以上とNo.1の国際ブランド

三井住友VISAデビュープラスカードが初めてのクレジットカードに適している理由の1つに、国際ブランドがVISAだということが挙げられます。

クレジットカードは、お店やインターネットショップによって使える国際ブランドが異なります。その中でもVISAは世界シェアが50%と圧倒的No.1の国際ブランドです。つまり、VISAは世界中で広く利用できる国際ブランドだということですね。

そのため、日本国内での利用はもちろん海外でも不自由なく利用できます

ここまでの内容をまとめると、三井住友VISAデビュープラスカードを発行している三井住友カードは電話対応とセキュリティ対策がバッチリなので、紛失・盗難や不正利用といったトラブルにスムーズに対応してくれます

クレジットカードを初めて持つと、もっとも不安なのはカードを悪用されて被害に遭うことではないでしょうか? 三井住友カードは、そのような被害を最大限防いでくれるカード会社です。

また、三井住友VISAデビュープラスカードの国際ブランドは、世界中で幅広く利用できるVISAブランドです。そのため、このカード1枚あれば国内での普段の買い物から海外旅行までこなすことができます

年会費は実質無料

ここまで三井住友VISAデビュープラスカードを発行している三井住友カードについて、くわしく説明しました。

三井住友カードは国内でも大きなカード会社で、電話対応やセキュリティ対策に優れています。言わばクレジットカードの「ブランド」なわけです。

そうなると気になるのが年会費や発行手数料といったコスト。クレジットカードでなくても、名前が有名だと値段が高いことはよくあります(苦笑)

ところが、三井住友VISAデビュープラスカードは年会費が実質無料、また発行手数料といった費用もまったくかからないというメリットがあります。

「実質」無料というのはどういうことかというと、このカードは入会した最初の1年は年会費が無料です。そして、2年目からは1年の間に1度でもこのカードを使えば年会費無料になるというしくみになっています。

もしも1年の間に1度もカードを利用せずにいると1,250円+税の年会費がかかってしまいますが、1年に1度クレジットカードを使うって、かなり簡単じゃないですか?

コンビニでジュースやうまい棒を買っても「1年に1回」なので、年会費を支払う必要がなくなるわけですから。

このように、三井住友VISAデビュープラスカードは有名な三井住友カードが発行しているにもかかわらず、実質的に年会費無料で持つことができるのも大きなメリットです。

ETCカードも手数料・年会費無料!
このカードは、ETCカードもカード本体と同じように実質無料で持てるのが特徴です。

ETCカードは発行手数料のようなコストがかからず、年会費も年に1度でもETCカードを使えば無料になります。カード本体と同じしくみですね。

ただ、1年間で1度もETCカードを利用しないと500円+税の年会費が発生してしまうので注意しましょう。

万人受けするシンプルなカードデザイン

クレジットカードは、数年にわたって財布に入れて使い続けます。そして、カードを使うたびに目にするので、デザインはけっこう重要です。

カードデザインは自分が気に入っていることが大前提ですが、数年も使うことを考えるとシンプルなものがオススメです。

その点、三井住友VISAデビュープラスカードは、白い券面にギリシャのパルテノン神殿のイラスト、その下に英語で「三井住友カードデビュープラス」と書かれているだけのシンプルすぎる(笑)デザインです。

なお、三井住友カードにギリシャのパルテノン神殿が描かれている理由は、高いステータスをイメージしてもらうために知名度の高いパルテノン神殿を採用したそうで、三井住友カードの公式サイトでも以下のように説明されています。

他社のVISAカードとの差別化や、高いステータスをイメージさせるため、どのような場面にもなじみ、シンプルかつ高級感のあるデザインとして採用したのです。以降、「パルテノン神殿といえば三井住友VISAカード」というイメージを根付かせるため、入会申込書やウェブサイトにも同じデザインを採用しています。

(引用:三井住友カード公式サイト・クレジットカードの裏話「三井住友VISAカードのデザインにパルテノン神殿が使われている理由」より)

ちょっとした豆知識ですね(笑)

現在のデザインは1種類だけ
このカードは、2018年9月28日からはプレミアム感のある黒を基調としたスクエア・ブラック、柔らかく優しいイメージのアプリコット・ピンクの2種類のデザインが追加されていました。名前からしてカッコいいですね(笑)

ただ、これらのデザインは限定だったため2018年12月以降はそれまでと同じように1種類のデザインだけが用意されています。

なお、三井住友VISAデビュープラスカードの2018年に追加されていたデザインについては「三井住友VISAデビュープラスカードのかっこいい&かわいい追加デザイン【2018年】」でくわしく説明しています。

三井住友VISAデビュープラスカード限定お得なポイントプログラム

三井住友VISAデビュープラスカードだけのお得なポイントプログラムを紹介!

クレジットカードといえばポイントが貯まる!というイメージを持っている人は多いのでは?

三井住友VISAデビュープラスカードは、カードで買い物をすればもちろんポイントが貯まります。しかも、25歳までの若者だけが申し込めるカードということで、ほかの三井住友カードとくらべてお得なポイントプログラムとなっています。

具体的には、次の2点がお得です。

ここにタイトル
三井住友VISAデビュープラスカードだけのポイントがお得なところ

  • 入会後3か月間はポイント5倍(驚)
  • 入会から3か月がすぎても通常の三井住友カードのポイント2倍
このポイントプログラムのおかげで、三井住友VISAデビュープラスカードは三井住友カードの中でもっともポイントがお得なクレジットカードとなっています。

そのため、三井住友VISAデビュープラスカードを使って買い物をすればポイントが貯まり、結果的に節約できるというわけです。若者向けのカードだけたくさんポイントをくれるあたり、三井住友カードはなかなか分かってますね(上からw)

ここから、三井住友VISAデビュープラスカードのお得なポイントプログラムについて説明します。

入会後3ヶ月間はポイント5倍

入会してから3か月間はポイントが、なんと5倍!

三井住友VISAデビュープラスカードのポイントプログラムでもっとも強力なのは、入会後3か月間のポイント5倍

普通なら三井住友カードは、1,000円利用すると5円分がポイント還元されます。つまり、カード利用金額の0.5%のポイントが貯まるわけですね。

三井住友VISAデビュープラスカードはポイントが5倍なので、0.5%×5倍=2.5%がポイント還元されます。

もしも入会した1か月目にこのカードを5万円利用すると、1,250円相当のポイントがもらえることになります。そしてこれが3か月間続くと、3,750円相当!

さらに高額な家電などを買えば、もっと多くのポイントが得られます。

現金で買い物をしてもポイントなど何もないことを考えると、クレジットカードを使うことで日常生活でどんどん節約ができることになります。

なお、三井住友VISAデビュープラスカードの入会後3か月間のポイントは、ほかのどのクレジットカードよりもお得です。

入会後3か月をすぎても2倍のポイント

三井住友VISAデビュープラスカードは、入会後3か月をすぎてもお得なクレジットカードです。

さすがにポイント5倍は3か月だけで終わってしまいますが、その後も普通の三井住友カードの2倍のポイントが貯まります。

具体的には、1か月で5万円の買い物にカードを使うと500円相当のポイントが貯まるわけです。入会後3か月間だと同じ5万円の利用で1,250円相当のポイントが貯まったことを考えるとお得感は下がってはいますが、それでもクレジットカード全体でみれば十分高い水準です。

普通の三井住友カードや他社のクレジットカードだと、1か月で5万円使ったとしても250円相当、つまり三井住友VISAデビュープラスカードの半分のポイントしか貯まりませんからね…。

ここまで説明した内容から、三井住友VISAデビュープラスカードは普通のクレジットカードとくらべてもポイントがはるかに得なカードだと言えます。

リボ払いでもポイントUPする、けど。。。

リボ払い「マイ・ペイすリボ」でのポイントUPは活用しないことを推奨

あまり利用することはオススメしないのですが、三井住友VISAデビュープラスカードはリボ払いだとポイントがさらに多く貯まるというしくみになっています。

リボ払いというのは、カードを使った金額を翌月に一括ではなく数か月に分けて支払う方法です。言ってみれば分割払いと似た支払い方法ですね。

ただ、リボ払いはクレジットカードを持ち始めた段階では利用しないことを強くおすすめします。リボ払いは高額な金利手数料を支払わなければならないからです。

そのため、リボ払いで多くのポイントをもらったとしても、高額な金利手数料を支払うと結果的に損になってしまうんです(泣)

しかもリボ払いはカードを使った金額も管理しづらくなるというデメリットもあります。ですから、リボ払いよるポイントUPはクレジットカードに慣れてから活用してみることをオススメします。

なお、三井住友VISAデビュープラスカードのリボ払いについては「三井住友VISAデビュープラスカードのリボ払い「マイ・ペイすリボ」をこの上なくくわしく解説」でくわしく説明しています。

年間利用額によってボーナスポイントがもらえる

リボ払い「マイ・ペイすリボ」でのポイントUPは活用しないことを推奨

三井住友VISAデビュープラスカードは、1年間のカード利用金額が50万円になると翌年にボーナスポイントがもらえるしくみになっています。

1年間に50万円ということは、1か月にすると約4万円。学生の方でも、あらゆる支払いで三井住友VISAデビュープラスカードを使えばこの金額なら達成できるのではないでしょうか?

1年間で50万円以上このカードを利用すれば、次の年にボーナスポイントがもらえます。つまり、三井住友VISAデビュープラスカードは、使えば使うほどお得が増すカードだということです。

このカードのボーナスポイントを、以下のとおり表にまとめました。

前年度利用額 ステージ ボーナスポイント
50万円〜100万円 V1 50万円で100ポイント
以降10万円ごとに20ポイント
100万円〜300万円 V2 50万円で150ポイント
以降10万円ごとに30ポイント
300万円以上 V3 50万円で300ポイント
以降10万円ごとに60ポイント

※1ポイント=5円の価値があります

公共料金の支払いもOK

毎月の公共料金をカードで払えばポイントが貯まって節約になります

もしも1人暮らししている学生の方なら、このカードで電気代やガス代といった公共料金を支払うことができます。

公共料金をクレジットカードで支払うことにより、

  • ポイントが貯まる
  • 公共料金の種類によってバラバラの支払日をまとめることができる

こういったメリットがあります。また、1人暮らししていない学生の方であっても、ケータイ料金をクレジットカード払いにすればポイントが貯まりますね。

国民年金保険料はポイントの対象外
国民年金保険料は公共料金ではありませんし、大体の学生は親が支払ってくれるのであまり関係ないかもしれませんがここで説明しておきます。

国民年金保険料は、学生であっても20歳になると納めなければなりません。この国民年金保険料は、実はクレジットカードで納付することができます

多くのクレジットカードは国民年金保険料の納付でもポイントが貯まるのですが、三井住友カードのクレジットカードはポイントが貯まらないので注意しましょう。

ポイントは交換先が豊富なワールドプレゼント

ワールドプレゼントは豊富な景品や他社ポイントへ移行できるスグレモノ

先ほど、三井住友VISAデビュープラスカードはポイントがお得なカードだと説明しました。

学生の方の中には、

「んで、そのポイントって何に使えるわけよ…? 使いみちが微妙なら意味ないんですけど(汗)」

と不安に思っている方も多いと思いますので、カードを使ってもらえるポイントについて説明したいと思います。

結論から言うと、ポイントの使いみちに困ることはありません(キッパリ)

このカードのポイントプログラムはワールドプレゼントというスケールの大きな名前です(笑)ワールドプレゼントは、貯めたポイントを電子マネーや共通ポイント、航空会社のマイルやキャッシュバックに交換して利用することができます。

電子マネーや共通ポイントならどこでも活用することができますし、最悪の場合カード利用金額からキャッシュバックという形で使えるので、必ず何かに使えるはずです。

なお、ワールドプレゼントの主なポイント交換先は以下の表のとおりです。

ポイントの主な交換先

電子マネー

通販
家電
携帯電話
ポイントサービス
マイル
キャッシュバック

ポイント有効期限は2年

このカードのポイントで1番気をつけなければならないのが有効期限です。

ワールドプレゼントのポイントは、カード利用で貯めてから2年が経つと有効期限が切れて失効してしまいます。そのため、2年以内に忘れず交換するようにしましょう。

とは言っても、2年間カードのポイントのことをまったく思い出さないという人はまずいないでしょう。カードを使ったときなど、何かのきっかけで「ところでポイントは…?」と思い出すタイミングがどこかであります。(管理人の体験談)

「ポイントUPモール」でポイント最大20倍

ポイントUPモールはAmazonや楽天市場での買い物でポイントアップします!

このカードは先ほども説明したとおり、ポイントがお得なカードです。

そして、インターネットショッピングではさらにポイントが貯まりやすいしくみになっています。三井住友カードが運営しているポイントUPモールを経由してAmazonや楽天を利用すると、最大20倍ものポイントが貯まります。

ポイントUPモールとは、三井住友カードを持っている人だけが利用できるショッピングサイト。このポイントUPモールを経由してからAmazonや楽天で買い物することにより、普通にGoogle検索するよりも多くのポイントを獲得することができるわけです。

ポイントUPモールでポイントがアップするサイトは、代表的なものとして以下の表の店舗があります。

ポイントUPモールで利用できる主な店舗とポイント加算率

店舗 ポイント加算
Amazon 2倍
楽天市場 2倍
楽天トラベル 2倍
楽天ブックス 3倍
Yahoo!ショッピング 2倍
ユニクロ 2倍
Apple Store 2倍
NECダイレクト 3倍
JOSHINネットショッピング 2倍
ANA SKY WEB TOUR 100ポイント

また、頻繁に期間限定で倍率アップが行われるため、さらに多くのポイントがもらえます。

ただ、ポイントUPモールを経由しないとポイント加算されないので注意しましょう。

「ココイコ」で来店すればポイント最大18倍

ココイコ!は街中のお店で還元率がアップするサービスです

そして、ココイコ!を利用すればインターネットショップだけでなく、街中のリアル店舗でもポイントがアップします。

ココイコ!というのは、スマホアプリでエントリーをしてから有効期限内に対象店舗に来店し、三井住友VISAデビュープラスカードを使えば特典が受けられるサービスです。

特典は、上記で説明したワールドプレゼントのポイントアップかキャッシュバックを選ぶことができます。キャッシュバック

ココイコ!の対象店舗は百貨店の高島屋や東急百貨店、そして三井アウトレットパーク、洋服の青山、さらに学生の方に身近っぽいところとして東急ハンズ、トイザらス、びっくりドンキーなど盛りだくさんです。

ココイコ!はびっくりドンキーやトイザらス、東急ハンズなどが対象です

なお、ココイコ!の対象店舗はまだまだたくさんありますが、ココイコ!公式サイトで検索できます。

ただ、ココイコ!の対象店舗は恐ろしく多いので、

「自分がよく行くお店がココイコ!の対象店舗だと知らずに通っていた…」

ということがあれば残念すぎます。しかし、三井住友カードのスマホアプリであるVpassをスマホにインストールしていれば、対象店舗に近づくとスマホに優待情報が自動で表示されます。

そのため、普段の買い物でもれなくココイコ!を活用できるというしくみです。このへんの便利さは、さすが大手カード会社の三井住友カードと言ったところです(やっばり上からw)

なお、三井住友VISAデビュープラスカードのポイントについては「三井住友VISAデビュープラスカードの還元率は最高2.5%!そのしくみを徹底解説」でくわしく説明しています。

ショッピング保険で買い物を補償

ここまで三井住友VISAデビュープラスカードのポイントのお得さについて説明しました。

このカードにはさらに、お買物安心保険という名前のショッピング保険がついています。お買物安心保険では、このカードで買った品物が壊れたり盗まれたりしたときに購入代金を返してくれます。もちろん保険代などはかかりません。

買った日から90日以内で年間100万円までという条件はありますが、現金で買い物をしても誰も補償してくれないことを考えると、お得なサービスだと言えますね。

ただ、お買物安心保険が適用されるのは、

  • 海外での買い物なら何でもOK
  • 国内での買い物はリボ払いや3回以上の分割払い、つまり金利手数料がかかるときだけ

この場合に限られます。

つまり、日常生活での買い物で、このカードを普通の1回払いで使ってもお買物安心保険は適用されません。でも、お買い物安心保険を適用するためだけにリボ払いや分割払いで金利手数料を支払うのは、あまりよい方法とは言えません。

そのため、お買い物安心保険は海外旅行のときに活用できるサービスだと考えた方がよさそうですね。

電子マネーiDやWAON、Pitapaが利用できる

ここまでの内容でも、三井住友VISAデビュープラスカードは万全のセキュリティ対策やゴールドカードへの自動昇格、お得なポイントと、とてもメリットの多いクレジットカードだとわかっていただけるかと思います。

その上さらに、以下のような電子マネーが利用できるという特徴もあります。

  • iD(アイディー)
  • WAON(ワオン)
  • Pitapa(ピタパ)

電子マネーiDはチャージ不要の電子マネーで、クレジットカードとは別にiD専用カードを持てるのは三井住友カードが発行しているクレジットカードだけです。

また、WAONは主にイオンやミニストップ、吉野家で利用できる電子マネーです。WAONが利用できるクレジットカードも三井住友カードとイオンカードだけです。

さらに、関西の電車・バスで超強力な割引が受けられるPitapa(ピタパ)は、言うなればPasmoの関西版です。このPitapaが持てるクレジットカードも、三井住友カードが発行しているものだけなんです。

なお、PiTaPaについては「【保存版】学生のためのPiTaPa完全ガイド!関西の学生はPiTaPa利用を激しく推奨」でくわしく説明しています。

このことから、iDの専用カードやWAON、Pitapaを利用したいなら、それだけで三井住友VISAデビュープラスカードを持つ大きな理由になります。

ApplePayにも対応

iPhoneやApple Watchをおサイフケータイのように利用できるApple Pay。もしかしたら、このApple Payを利用するためにクレジットカードを持ちたいと考えている学生の方も多いかもしれませんね。Apple Payはクレジットカードがないと利用できませんから。

ブッチャケ、今ではほとんどのクレジットカードがApple Payで利用できます。ただ、三井住友カードは日本でApple Payのサービスが始まったときから利用可能だった数少ないカードです。つまり、Apple Payの先駆けなわけですね。

三井住友VISAデビュープラスカードをApple Payに登録すれば、上記で説明した電子マネーiDとして利用できるようになります。お店のレジでiPhoneをかざすだけで支払いができるので、財布を持っていなくてもコンビニやファミレスでスマートに支払いができます。

なお、三井住友VISAデビュープラスカードのApplePayについては「三井住友VISAデビュープラスカードはApple Payで利用可能!メリット・デメリットをくわしく解説」でくわしく説明しています。

海外旅行のサポート・割引が充実

三井住友VISAデビュープラスカードは、国内での普段の買い物だけでなく、旅行や留学のような海外の利用でもフル活用できます。

先ほども説明したとおり、このカードの国際ブランドであるVISAは世界でもっとも普及しています。つまり、旅行や留学先でも不自由なくカード決済ができるわけです。そして、海外での買い物はお買い物安心保険が適用されるというメリットもあります。

そしてさらに、海外で活用できる以下3つのサービスまでついています。

三井住友VISAデビュープラスカードの海外で便利・お得なサービス3つ
    1. 海外でのトラブルに対応してくれるVJデスク
    2. ツアー代が最大5%OFFされるVJトラベルデスク
    3. ハーツレンタカーで割引が受けられる
ここまでサービスが行き届いているとは、死角がありませんね(笑)

1.「VJデスク」で旅行中のトラブルもバッチリ対応

VJデスクというのは、現地の観光情報やクレジットカード・パスポートの紛失・盗難などを現地スタッフが日本語で電話サポートしてくれるサービスです。

現地の情報にくわしいスタッフが困ったときに日本語で対応してくれるのは、知り合いが現地にいない旅行先だと心強いサービスではないでしょうか? 基本的に海外って、わからないことが多いですからね(笑)

具体的にどんなことに対応してくれるのかというと、旅行先でのおもしろそうな観光地の紹介やチケットの手配、クレジットカードやパスポートが紛失・盗難に遭ったときのサポートです。

公式サイトでは以下のような例が紹介されていますが、いまいちイメージが沸きません(汗)

  • アメリカ・メジャーリーグの試合スケジュールを教えてください。
  • ソウルのスパ・エステサロンはどんなところがありますか?
  • ラスベガスでショーを観たいのでチケットの手配をしてください。
  • ディズニーワールドのキャラクター・ダイニングで食事をしたいので予約できますか?
  • フランスでワイナリー巡りをしたいので専用車とガイドの手配をしてください。
  • 飛行機とホテルは自分で手配しましたが、空港⇔ホテル間の送迎だけ手配できますか?

(引用:三井住友カード公式サイト「VJデスク」)

現実的に活用できそうなのは、上記の問い合わせ例にはありませんが、クレジットカードやパスポートの紛失・盗難ではないでしょうか?

クレジットカードは誰かに悪用される恐れがありますし、パスポートがなくなると日本に帰えなくなるので笑えません。どちらも素早く対処したいところです。

なお、海外旅行中に万が一クレジットカードを悪用されたとしても、急いで連絡すれば被害は補償されます。また、パスポートは現地で必要な手続きを済ませることにより、日本に帰ってこれます。

2.「VJトラベルデスク」でツアー代金が最大5%OFF

VJトラベルデスクは、海外・国内旅行のツアーが最大5%OFFで予約できるサービスです。先ほど説明したVJデスクと名前が似ていてややこしいですね(笑)

少しでも安く抑えたい卒業旅行などをパッケージツアーで行こうと考えているなら、街中の旅行代理店や旅行予約サイトと金額をくらべてみてもいいですね。

具体的に割引が受けられるパッケージツアーは以下のとおりです。

VJトラベルデスクで有名なパッケージツアーが5% or 3%OFF!

日本旅行やJALPAKなんかは、有名で多くのツアーを用意しているので、利用しやすそうです。

3.ハーツレンタカーで割引

そして、三井住友VISAデビュープラスカードがあれば、海外のハーツレンタカーで10%の割引が受けられます。

ハーツレンタカーというのは、アメリカやオーストラリア、ニュージーランド、ヨーロッパをはじめ、世界150か国のネットワークを持つレンタカー会社です。海外旅行でレンタカーを借りるという言えばハーツレンタカーが定番です。

学生の方にとっては海外でレンタカーはけっこうハードルが高いかもしれません。海外でレンタカーを利用するには国際免許証が必要ですし、そもそも車の免許を持っていない場合もあると思いますので。

ただ、もしもレンタカーを借りる機会があるなら、三井住友カード公式サイト「海外レンタカー優待サービス」のページか電話からハーツレンタカーを予約すれば10%の割引が受けられます。

旅行傷害保険や空港ラウンジサービスがない
三井住友VISAデビュープラスカードには、海外旅行や留学で必須とも言える海外旅行傷害保険がついていません。これは三井住友VISAデビュープラスカードの唯一の欠点とも言える注意点です。

海外旅行傷害保険とは、万が一旅行や留学の最中に病気やケガで病院代がかかった場合、その費用を補償してくれる保険のことです。

日本では保険証もあるのでよほどの大ケガでない限り病院代を気にする必要はありませんが、海外だとちょっとしたケガや病気でも数万円、骨折などでちょっとした手術をしただけでも数十万円から数百万円といったとんでもない病院代になることがよくあります。

海外だと国によって法律や医療制度がちがうために、このようなことが起こってしまうんですね…。

そのため、海外へ行くなら海外旅行保険は必須です。

海外旅行保険は保険会社にお金を払って加入することもできますが、クレジットカードによっては無料でついているものもあります。そのため、三井住友VISAデビュープラスカードと合わせて海外旅行保険が充実したカードも持つことをオススメします。

なお、三井住友VISAデビュープラスカードの海外旅行保険については「三井住友VISAデビュープラスカードには海外旅行保険がない!その対策を説明」でくわしく説明しています。

また、クレジットカードの中には空港で飛行機を待つ時間に、空港ラウンジを無料で利用できるものもあります。ただ、三井住友VISAデビュープラスカードには空港ラウンジサービスがついていません

もっと言うと、学生が持つことができるクレジットカードで空港ラウンジサービスがついたクレジットカードは存在しません。空港ラウンジサービスは、社会人が持つことができるゴールドカードにしかついていないサービスなんです。

ちなみに、空港ラウンジサービスについては「三井住友VISAデビュープラスは空港ラウンジが利用できない!なので解決策を紹介」でくわしく説明しています。

中国旅行や留学で必須の「銀聯カード」も持てる

中国に限っては、VISAよりも「銀聯(ぎんれん)」が普及しています

三井住友VISAデビュープラスカードは、先ほども説明したとおり世界でもっとも普及しているVISAブランドのカードです。そのため、基本的には海外旅行でも問題なく利用できます。

ただ、中国ではVISAが使えないお店がけっこうあります…。VISAよりも銀聯(ぎんれん)というブランドの方が普及しているんです。

銀聯というのは中国でもっとも普及しているブランドで、日本でも中国からの観光客が多い場所だと利用することができます。中国の人は多くが銀聯ブランドのカードを持っていますからね。そのため、中国への旅行や留学なら銀聯のカードを用意したいところです。

三井住友VISAデビュープラスカードを持っていれば、追加で銀聯カードを発行することができます。銀聯カードを使った代金は本体である三井住友VISAデビュープラスカードと合わせて請求されます。

日本で銀聯のカードを発行しているカード会社は数少ないため、このカードは中国旅行・留学に適した希少なカードだと言えます。

ここまで説明したとおり、三井住友VISAデビュープラスカードは海外旅行サービスもタップリです。ただ、海外旅行がついていないので注意しましょう。

三井住友銀行のATM手数料が無料に

カード利用代金の引き落とし設定で三井住友銀行のATM手数料が無料に!

もしも三井住友銀行の口座を普段メインで使っているなら、三井住友VISAデビュープラスカードを持つ価値がさらに大きくなります。

三井住友VISAデビュープラスのカード利用代金の引き落とし口座を三井住友銀行に設定すれば、三井住友銀行のATM時間外手数料108円が無料になるというメリットがあるんですよ。

平日の夜や土日祝日に三井住友銀行のATMでお金を下ろすと、108円のATM時間外手数料がかかって少し(かなり?)損した気分になりますもんね…。

なので、三井住友銀行のATM時間外手数料を無料にしたいだけの理由でこのカードを持つという選択肢もあります。

ちなみに、このカードの引き落とし口座は三井住友銀行でなければならないわけではありません。ゆうちょ銀行やイオン銀行、地方の銀行や農協など、あらゆる金融機関に対応しています。

デビュープラスは三井住友カードの中でもっともオススメ!

ここまでクレジットカード会社である三井住友カードについてや、三井住友VISAデビュープラスカードについてをくわしく説明してきました。

でも、実は三井住友カードは全部で以下の4種類の学生向けクレジットカードを発行しています。

三井住友カードの学生向けカード4種類
  1. 三井住友VISAデビュープラスカード(←ポイントに特化
  2. 三井住友VISAクラシックカード(←もっともスタンダード)
  3. 三井住友VISAクラシックカードA(←保険に特化)
  4. 三井住友VISAアミティエカード(←女性向けで保険に特化)
これらのカードは、

「名前もよく似ていてちがいがよく分からないし、どれがいいの…?(悩)」

と悩む学生の方多数です。結論から言うと、三井住友カードを選ぶならポイントに特化したデビュープラスカードがオススメです。

ほかの三井住友カードもバッチリな電話対応やセキュリティ対策などで安心して利用できるカードなのですが、正直なところあまり特徴がなく平凡な機能・サービスのカードなんです…。

三井住友VISAデビュープラスカード以外の3種類は学生向けも発行しているものの、実は何歳でも申し込めるカードです。そのため、デビュープラスのように際立ったお得サービスを受けることができないんですね。

そのため、学生という若さを最大限に活かすなら、25歳まででないと申し込むことができない三井住友VISAデビュープラスカードがもっともオススメです。

なお、三井住友カードの4種類の比較については「三井住友VISAカード4種類の学生専用カードを比較」でくわしく説明しています。

審査基準は学生なら収入ゼロでもOK

「三井住友VISAデビュープラスカードを作りたくなった!
でも、学生の収入でクレジットカードって持てるの…?
何か審査があるって聞いたけど。」

学生の方がクレジットカードを持つのにもっとも心配なのは、審査ではないでしょうか?

クレジットカードはカード利用代金を後払いで支払うしくみなので、入会審査が必ずあります。

つまり、カード会社が「この人はカード利用代金をきちんと支払ってくれそうだ」と判断しないと、クレジットカードを持つことができないようになっているんです。そのため、クレジットカードは基本的には定職があって給料のような安定した収入がないと持つことはできません。

ただ、学生に関しては例外的に、アルバイトすらしていなくてもクレジットカードを持つことができるというスペシャル特典があります。

どんなクレジットカードでも持てるというわけではありませんが、少なくとも三井住友VISAデビュープラスカードは、学生ならアルバイトをしていない完全無職で収入ゼロでも持つことができるカードなんです。

ですから、収入の心配はまったくいりません。

なお、学生だけは無収入でもクレジットカードを持つ事ができる理由は「学生なら無収入でも簡単にカードが作れる」でくわしく説明しています。

申し込みから最短3日で発行される

「学生なら無収入でも三井住友VISAデビュープラスカードに申し込めるのはわかった!
ところで、申込みから何日でカードが届くの?
すぐにでもカードを使いたいんだけど。」

クレジットカードに申し込もうと決めたら、少しでも早く手に入れたいと思う気持ち、わかります(笑)

結論から言うと、三井住友VISAデビュープラスカードは申込みから最短3日でカードが自宅が届きます。多くのクレジットカードは申込みから1〜2週間後にカードが届くことを考えると、このカードの最短3日発行はとてもスピーディーだと言えます。

ただ、次のどれかに当てはまる場合はカードが届くのに約2週間かかってしまうので注意しましょう。

  1. 20歳未満の学生
  2. インターネットで引き落とし口座の設定ができる銀行を選ぶ
  3. カードと一緒にPitapaカードに申し込む

なお、三井住友VISAデビュープラスカードの申込み方法については「三井住友VISAデビュープラスカードの申込みに必要なものをくわしく解説」でくわしく説明しています。

三井住友VISAデビュープラスカードまとめ

ここまで、三井住友VISAデビュープラスカードについてくわしく説明しました。このカードは、初めてクレジットカードを持とうと考えている学生にもっともオススメです。

その理由は、

三井住友VISAデビュープラスカードが学生にもっともオススメの理由5つ
  1. このカードを発行している三井住友カードはハイレベルな電話対応やセキュリティ対策などのサービス
  2. それにも関わらず年会費は実質無料
  3. カード利用でもらえるポイントがお得
  4. 社会人として慣れたころである25歳すぎにはプライムゴールドカードに自動昇格
  5. 海外旅行サービスも充実!特に銀聯カードが持てる希少カード
このように盛りだくさんです。学生が持てるクレジットカードとしてはほぼパーフェクトなサービス内容なのですが、海外旅行保険がついていないのが唯一の欠点です。

そのため、海外旅行へ行くときはほかのクレジットカードで欠点をカバーすることをおすすめします。

それでも、三井住友VISAデビュープラスカードは、総合的に見て学生の方にとって必要・お得なサービスをすべて搭載しているといっていいですね。