三井住友VISAデビュープラスカードはApple Payで利用可能!メリット・デメリットをくわしく解説

「Apple Pay(アップル・ペイ)を利用するためにデビュープラスを持ちたい!けど、デビュープラスってApple Payで使えんの?」

そんな疑問や不安を持っているなら、まったく問題ありません。デビュープラスはApple Payに登録して活用することができます。

デビュープラスをiPhoneやApple WatchのWalletアプリに登録すれば、コンビニやファミレスでiPhoneをかざすだけで会計ができてしまうわけです。

また、Apple PayはJR東日本の電子マネー「Suica(スイカ)」も利用できるので、デビュープラスを持つことによりiPhoneだけで電車に乗ることもできます。

このページでは、デビュープラスで利用するApple Payのくわしい内容とメリット・デメリットについて、くわしく説明します。

 

>> 三井住友VISAデビュープラスカードの詳細はこちら!

三井住友VISAデビュープラスカードの公式サイト

Apple PayはiPhone版「おサイフケータイ」

このページをご覧いただいているということは、Apple Payとは一体どんなものなのか?すでにご存知だと思いますが、一応Apple Payについて説明しておきます。

Apple Payというのは、iPhoneやApple WatchにクレジットカードやSuicaを登録することにより、クレジットカードやSuicaカードを持っていなかったとしても買い物ができるしくみのことです。

Androidのスマホの機種によっては「おサイフケータイ」というものがありますが、Apple PayはおサイフケータイのiPhone版だと言えます。

なので、財布を持たずにスマホやApple Watchだけがあればコンビニなどで買い物できるというお手軽さが、Appla Payの大きなメリットです。

Apple Payが便利な場面として考えられるのは、自宅からふらっとコンビニに買い物だけ行くときでしょうか? 近所のコンビニへ出かけるためだけに財布やスマホを持って行くのは面倒ですが、Apple Payに登録していれば、スマホさえ持っていればOKです。

さらには、多分からApple Watchを利用しているなら、スマホすら持っていなくても買い物ができてしまいます。

電子マネー「iD」マークがあるお店で利用できる

上記で説明したようにApple Payは、スマホだけで、または手ぶらでApple Watchだけで買い物ができます。ただし、Apple Payは現金とはちがい、どこででも買い物ができるというわけではありません。Apple Payで買い物をするには、お店が対応していることが条件になります。

Apple Payは「iD」と「QUICPay」どちらかの電子マネーとして利用できます

Apple Payはクレジットカードによって異なりますが、iD(アイディー)QUICPay(クイックペイ)、どちらかの電子マネーとして利用することができます。デビュープラスの場合は、電子マネーiDとして利用できます。

電子マネーというと、「nanacoとか楽天Edy、Suicaみたいに、チャージしないと使えないのでは?」と考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、iDとQUICPayはチャージせず不要な電子マネーです。なので、Apple Payは前もってチャージすることなく利用できるのがメリットです。

そして、Apple Payの利用代金は、クレジットカードの利用金額と合わせて請求され、設定した口座から引き落とされます。

なお、デビュープラスカードは、クレジットカードとしてはVisaが使えるお店で利用できます。しかし、Apple Payに関して言うと、たとえVisaが使えるお店だったとしても、iDが使えなければApple Payは利用できません。

ただ、Apple Payは多くの人が利用しているため、コンビニやファミレス、家電量販店、居酒屋さんなどではたいていの場合クレジットカードだけでなくiD、QUICPayにも対応しています。

レジに黄色い「iD」マークが書かれていればApple Payで支払いができます

なので、普段の生活で利用するお店は、ほとんどの場合Apple Payが利用できると考えて大丈夫です。

Apple Payで支払ってもポイントが貯まる

 先ほど説明したとおり、Apple Payは電子マネーiDやQUICPayが使えるお店で利用できますが、通常のカード利用と同じようにポイントが貯まります。

ですから、クレジットカードで買い物すればポイントが貯まるということに魅力を感じてクレジットカードを持った場合、Apple Payでも普通のクレジットカード利用と同じようにポイントが得られます。

iPhoneでSuicaも利用できる

Apple Payは、クレジットカードが登録することによりSuicaが利用できるのも特徴の1つです。

SuicaはJR東日本の電子マネーですが、全国のJRをはじめほとんどの私鉄でも利用することができます。鉄道系の電子マネーでApple Payで利用できるのはSuicaだけなので、「電車はiPhoneやApple Watchだけで利用したい!」と考えている学生の中なら、関西や東海、九州など、Suicaエリア外に住んでいたとしてもApple PayでSuicaを利用する価値が十分にあります。

Apple Payで利用できる電子マネーはSuicaだけ

Apple Payで利用できる鉄道系の電子マネーは、Suicaだけです。お住まいの地域や通学で利用する路線によってPASMOやICOCA、Pitapa、TOICA、NIMOCAなどを利用している方も多いと思いますが、それらの電子マネーはiPhoneやApple Watchでは利用できません。

また、nanacoや楽天Edyといった電子マネーも、残念ながら利用できません。

Suicaは事前にチャージすることにより利用できる電子マネーですが、Apple Payに登録しているクレジットカードからチャージすることができます。

スマホやApple Watchだけでチャージができますし、iPhoneの「Suicaアプリ」を利用すればオートチャージも設定できるので、iPhoneやApple WatchでSuicaを利用するならSuicaアプリの利用をオススメします。

オートチャージなら、電車の改札を残高不足で通れないという恥ずかしい経験をすることはありませんからね(笑)

Suicaチャージのポイント付与はカードによって異なる

先ほど、Apple Payをコンビニやファミレス、居酒屋さん、家電量販店などで利用すると、普通のクレジットカード利用と同じようにポイントが貯まると説明しました。

ただし、Suicaチャージしたときは、クレジットカードの種類によってポイントが付与されるかどうかが異なるので注意が必要です。

残念ながら、このページで紹介しているデビュープラスはSuicaチャージはポイント付与対象外です。つまり、iPhoneやApple WatchでSuicaチャージして利用はできるものの、チャージした金額にはポイントがつきません。

ですから、もしもApple Payでは主にSuicaを利用してクレジットカードのポイントを貯めたいと考えているなら、デビュープラスはあまり適していません。

一方、「Suicaは使いたいとは思っているけど、どちらかというとコンビニとか居酒屋で使いたいと思っているから、Suicaチャージでポイントはつかなくても構わない」と考えているなら、デビュープラスはオススメのカードです。

デビュープラスをApple Payに登録するメリット

さて、ここまでApple Payについてくわしく説明しました。ただ、Apple Payは三井住友VISAデビュープラスカードだけでなく、多くのクレジットカードで登録して利用することができます。

そんな中、デビュープラスでApple Payを利用するメリットと言えば、通常のカード利用と同じように多くのポイントが得られることです。

デビュープラスは、カード利用金額の1%がポイントとして還元されます。また、デビュープラスに入会してから3か月間は利用金額の2.5%ものポイントが得られる太っ腹なしくみになっています。

この太っ腹なポイントは、クレジットカードを使ったときだけでなく、Apple PayのiDとして利用したときも適用されます。

なので、Apple Payでできるだけ多くのポイントを貯めたい!という学生の方には、デビュープラスはもっともオススメできるクレジットカードです。

以下では、デビュープラスのポイントについて、くわしく説明します。

利用金額の1%というお得なポイントが獲得できる

デビュープラスはカード利用金額の1%がポイントとして獲得できます。つまり、このカードで1,000円の買い物をすれば、10円分のポイントがもらえるわけですね。

一般的なクレジットカードは利用金額の0.5%がポイントとして得られることを考えると、デビュープラスはほかのカードよりも2倍ポイントが貯まるお得なカードだと言えます。

また、ポイントがザクザク!貯まるクレジットカードとして有名な楽天カードも、デビュープラスと同じように利用金額の1%のポイントが貯まります。

このことから、デビュープラスは数あるクレジットカードの中でも、多くのポイントが得られるカードだと言えます。

入会3か月間は利用金額の2.5%ものポイントが!

デビュープラスは、カード利用金額の1%という音くなポイントが貯まるだけではありません。

このカードに入会してから3か月間だけは、カード利用金額の2.5%ものポイントが貯まるという特典があります。

2.5%というと、Apple Payで1,000円の買い物をすれば25円分のポイントが得られるわけです。25円と言うとお得感が感じられないかもしれませんが、普段の2.5倍ものポイントが得られるお得度は強力です。

このような感じで、デビュープラスをApple Payで利用することにより、ほかのクレジットカードよりも多くのポイントが貯まるのがメリットです。

Suicaチャージのポイントが欲しいなら「ビュー・スイカ」カードがオススメ

デビュープラスをiPhoneやApple Watchに登録すれば、SuicaアプリでSuicaにチャージすることもできます。ただし、Suicaへのチャージはポイントがまったく貯まらないので注意しましょう。

そのため、Suicaを使ってiPhoneやApple Watchで電車に乗ったりコンビニで買い物に活用してポイントで得したいと考えているなら、Apple PayのSuicaチャージでもっとも多くのポイントが貯まる「ビュー・スイカ」カードがオススメです。

「ビュー・スイカ」カードの詳細はこちら

まとめ

このページでは、デビュープラスで利用するApple Payのくわしい内容とメリット・デメリットについて、くわしく説明しました。

Apple Payは、iPhoneやApple Payでおサイフケータイのように、コンビニやファミレス、さらには電車の改札で支払いができます。

なので、近所にちょっとした用事で出かけるときは、iPhoneやApple Watchさえあれば財布なしで過ごすことも不可能ではありません。

Apple Payを利用するためには、まずはApple Payに対応しているクレジットカードを持つ必要があります。今では多くのカードがApple Payに対応していますが、そんな中でデビュープラスをApple Payで利用するメリットと言えば、ほかのカードの2倍ものポイントです。

また、入会3か月以内であれば、利用金額の2.5%というとんでもないポイントが得られます。

なので、デビュープラスはApple Payでたくさんのポイントが欲しい学生の方に適したカードだと言えます。

>> 三井住友VISAデビュープラスカードの詳細はこちら!

三井住友VISAデビュープラスカードの公式サイト