三井住友VISAデビュープラスカードの還元率は最高2.5%!そのしくみを徹底解説

三井住友VISAデビュープラスカードは、学生カードだけでなくクレジット全体を通してみても、ポイント還元率が高いカードです。

ポイント還元率とは、クレジットカードを利用した金額のうち、どれだけがポイントとして還元されるかをパーセントで表した数字のことです。

一般的なクレジットカードは、還元率0.5%が平均的です。つまり、カードを使って1,000円分の買い物をすると、5円分のポイントなどが得られるということです。

その一方で、デビュープラスの還元率は1%と、一般的なクレジットカードの2倍もあります。デビュープラスを持つことにより、普通のクレジットカードの2倍得だということですね。

この還元率1%というだけでも十分すごい数字なのですが、デビュープラスは以下のような場合だと還元率がさらにアップします。

デビュープラスの還元率がアップする利用方法

  • 入会から3か月間は2.5%
  • ポイントUPモールを利用すると1.5%
  • リボ払い手数料を支払えば1.5%

いつでもどこでも、というわけではありませんが、比較的簡単な条件を満たすだけで還元率をアップできてお得度が増すわけです。

そこでこのページでは、三井住友VISAデビュープラスカードの還元率について、くわしく説明します。デビュープラスはどこで使っても還元率1%とお得なカードですが、還元率をアップさせるしくみについて知っておけば、よりポイントで得することができます。

なので、ぜひこの機会にデビュープラスの還元率について知っていただけたらと思います。

>> 三井住友VISAデビュープラスカードの詳細はこちら!

三井住友VISAデビュープラスカードの公式サイト

デビュープラスのポイントのしくみ

では、デビュープラスのポイントのしくみについてくわしく説明します。

デビュープラスに限らず、クレジットカードを使えばポイントが貯まるのは有名な話です。しかし、そのポイントは一体どうすれば何に使えるのか?となると、意外にも「知らない…」と答える学生の方が多くいます。

デビュープラスを1,000円使うごとに、ワールドプレゼントポイントというポイントが2ポイント貯まります。ワールドプレゼントポイントは、三井住友カードが発行している多くのカードで共通のポイントプログラムの名前です。

そして、カードを使って貯めたワールドプレゼントポイントは、1ポイント=5円としてギフト券や電子マネー、ほかのポイントやマイルなどに交換することができるわけですね。

ここから、デビュープラスを使って貯まるワールドプレゼントポイントについて、もっと具体的に説明します。

カード利用でワールドプレゼントポイントが貯まる

ここまで何度か説明したとおり、デビュープラスを使うと1,000円につきワールドプレゼントポイントが2ポイント貯まります。

この「1,000円につき」というのは、1か月の間にカードを使った金額を合計した金額1,000円ごとという意味です。なお、1か月の利用代金の1,000円以下の分にはポイントがつきません。

たとえば、1か月のカード利用金額が15,200円だった場合、200円は切り捨てられて15,000円に対してのワールドプレゼントポイント30ポイント貯まります。

1回あたりのカード利用金額が少なくてもポイントがつく!

ものすごく細かいことですが、1回のカード利用金額ではなく1か月の利用代金の合計にポイントがつくのは、意外にもメリットです。

何がメリットなのかというと、1回のカード利用金額が少額だったとしても、トータルされてポイントがもらえるからです。

たとえば、1回買い物1,000円ごとにポイントが貯まるとすると、1か月間で10回デビュープラスを使って100円のジュースを買ったとしても1ポイントも貯まりません。しかし、1か月の利用金額として100円×10回=1,000円だと、ポイントを得ることができます。

わかりやすい例として100円のジュースを挙げましたが、このような感じでコンビニなどでジュースやパン、おにぎりのような少額な買い物にデビュープラスを活用したとしても、きっちりポイントを貯めることができます。

ちなみに、デビュープラスををApplePayに登録して使ったり電子マネーiD、ETCカードを使っても、カード利用と同じようにポイントが貯まります。

ただし、SuicaやICOCA、楽天Edy、nanaco、WAONのようなチャージが必要な電子マネーにこのカードを使ってチャージしても、ポイントの対象外です。

とは言え、電子マネーにチャージしてポイントが貯まるクレジットカードはほとんどと言っていいほどないため、デビュープラスだけのデメリットではありません。言ってしまえば、普通ですね。

ワールドプレゼントポイントは1ポイント=5円で交換できる

さて、気になるデビュープラスを使って貯めたワールドプレゼントポイントの使いみちを説明しましょう。

デビュープラスを使って貯めたワールドプレゼントポイントは、先ほど説明したとおりギフト券や電子マネー、ほかのポイントやマイルなどに交換できます。

特にAmazonギフト券や楽天スーパーポイント、Tポイント、Pontaポイントのような、日本で住んでいて使いみちに困ることはないギフト券・ポイントに交換できるのは大きなメリットです。

学生の方ならAmazonや楽天市場はほぼ確実に利用すると思いますし、万が一利用しない場合でもTポイントやPontaポイントならコンビニやガソリンスタンドで活用することができます。

そして、もしもですが「どのポイント交換先もまったく興味がない!」という学生の方がいらっしゃったとしても大丈夫。キッシュバックという形でカードを使った代金からポイント分を差し引いてくれます。キャッシュバックなら、100%の人が得することができますね。

このように、デビュープラスを使って貯めたポイントは誰もが確実に得することができるわけです。

なお、ワールドプレゼントポイントは、具体的に以下の表のようなものに交換できます。

デビュープラスのポイントプログラム「ワールドプレゼントポイント」の交換先

電子マネー
  • Suicaポイント
  • 楽天Edy
  • nanacoポイント
  • スターバックスカード
  • タリーズカード
  • Takashimayaカエトクカード
オンライン
ギフトカード
  • Amazonギフト券
  • Google Playギフトコード
  • App Store & iTunesギフトカード
通販
  • 楽天スーパーポイント
  • ベルメゾン・ポイント
家電
  • ビックポイント(ビックカメラ)
  • ジョーシンポイント
  • ゴールドポイント(ヨドバシカメラ)
携帯電話
  • dポイント(ドコモ)
  • au WALLETポイント
ポイントサービス
  • Tポイント
  • Pontaポイント
  • Gポイント
マイル
  • ANAマイル
  • クリスフライヤー
  • 倶楽部・ミッレミリア
キャッシュバック
  • キャッシュバック

多くの学生の方にとって、Amazonギフト券や電子マネーが活用できるように感じます。

ポイント有効期限は2年

デビュープラスを使って貯めたポイントですが、有効期限が2年と決まっています。ポイントを獲得してから交換しないまま2年がすぎてしまうと、ポイントは失効してしまうので、2年以内に交換するようにしましょう。

ポイントが失効してしまうとまったく得にならないのでぜひとも活用したいところですが、現金払いだと何もポイントが貯まらないことを考えると、まったく損にはなりませんけど。

とは言え、多くのクレジットカードはポイント有効期限が2年です。なのでデビュープラスのポイント有効期限は特別長いわけでも短いわけでもなく、平均的だと言えます。

ここまでデビュープラスのポイントのしくみについてくわしく知っていただいたところで、還元率についてくわしく説明します。

1.基本的な還元率は1%

ここまで何度か説明しているとおり、デビュープラスのポイント還元率は平均的なクレジットカードの2倍にあたる1%と高めに設定です。

つまり、いつでもどこで使っても1%がポイントとして還元されるわけですね。

具体的には、コンビニやファミレス、居酒屋さん、家電量販店など、街中のお店でデビュープラスを使えば1%分のポイントが獲得できます。

ApplePayや電子マネーiD(アイディー)でもOK

デビュープラスは、ApplePayに登録してiPhoneやApple Watchで使うこともできます。ApplePayはクレジットカード本体がなくてもスマホや腕時計だけで買い物ができるしくみですが、ApplePayでも普通のカード利用と同じように1%の還元を受けることができます。

また、追加カードで利用できる電子マネーiD(アイディー)も、ApplePayと同じようにポイントが貯まります。

ただ、デビュープラスでSuicaにチャージした場合は、ポイントの対象外なので注意しましょう。

このようにデビュープラスはポイント還元率1%と大変オトクなカードなのですが、冒頭でも説明したとおり、入会後3か月間やポイントUPモール、ココイコ!、リボ払いではさらに還元率がアップします。

ここからは、デビュープラスの還元率を1%以上に引き上げる方法を説明します。

2.入会から3か月間は還元率2.5%

入会後3か月間は還元率2.5%というのも、デビュープラスの大きなウリです。

デビュープラスはここまで何度も説明しているとおり、基本的には還元率1%です。ただ、カードに申し込んで手に入れてから3か月間は、ポイント還元率が通常の2.5倍、つまりポイント還元率2.5%となります。

デビュープラスを1,000円利用すると、入会後3か月間は25円分がポイントとして還元されるわけです。

なお、ほかのクレジットカードでも入会後数か月間はポイント還元率がアップするものはいくつかありますが、デビュープラスの還元率2.5%は入会特典としては最高です。

なので、ノートPCやタブレット、家電などを買う予定があるという学生の方は、デビュープラスに申し込んで手に入れてから買い物をすれば、恐ろしくポイントが貯まります。

仮にデビュープラスの入会後3か月の間に15万円のノートPCを買ったとすると、2.5%にあたる3,750円分のポイントがゲットできるわけです。3,750円っていうと、けっこう大きくないですか?

なので、デビュープラスは高額な買い物の予定がある学生の方にもオススメのカードです。

3.ポイントUPモールで還元率1.5%以上

デビュープラスでAmazonや楽天を利用するときはポイントが1.5倍に!

デビュープラスでインターネットショッピングをするとき、ポイントUPモールを利用するとポイント還元率が1.5倍以上にアップします。

ポイントUPモールというのは、デビュープラスを発行している三井住友カードが運営しているインターネット上のショッピングモールです。デビュープラスをはじめ、三井住友カードを持っている人なら、ポイントUPモールを経由してインターネットショッピングをするだけで、ポイントが1.5倍以上にアップするという大きなメリットがあります。

また、ポイントUPモールにはAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピング、ヤフオク!での落札、Apple公式サイトなど、多くの学生の方が利用するインターネットショップが参加している点が見逃せません。

特に、Amazonを利用したことがない学生の方を探す方が難しいのではないでしょうか?

デビュープラスを使ってインターネットショッピングをするときは、まずはポイントUPモールにログインしてからAmazonや楽天市場など、お目当てのショップに移動して買い物するだけで、ポイント還元率が1.5%以上に跳ね上がります。

なので、デビュープラスでインターネットショッピング=ポイントUPモール! これ、重要です。

ポイントUPモールの公式サイトはこちら

4.ココイコ!で1.5%以上+キャッシュバックも!

ココイコ!は街中のお店で還元率がアップするサービスです

上記では、インターネットショッピングでポイント還元率がアップするポイントUPモールを紹介しました。

デビュープラスは、インターネットショッピングだけでなく街中に建っているお店でもポイント還元率がアップするサービスとしてココイコ!を利用することができます。

ココイコ!は、ポイントUPモールのリアル版だと考えてもらうとわかりやすいかと思います。

具体的な使い方としては、三井住友カードが運営しているココイコ!のサイトにログインしてエントリーしてから実際にそのお店に行って代金を支払うことにより、ポイント還元率がアップしたりキャッシュバックが受けられます。

ココイコ!ではびっくりドンキーやステーキ宮、東急ハンズ、タカシマヤ、小田急百貨店、大丸などのお店が参加しています。

ログインしてエントリーしなければならないのは面倒くさいのですが、その分還元率の上がり幅は大きくなっています。なので、参加しているお店を利用する機会が多いなら、ぜひともココイコ!を活用して買い物代を節約したいところです。

ココイコ!の公式サイトはこちら

5.リボ手数料を支払えば1.5%

ポイントよりもリボ払いの金利手数料の方が高いので注意…

最後に、デビュープラスはリボ払いで金利手数料がかかった場合も還元率がアップします。

リボ払いというのは、デビュープラスを利用した金額を翌月に一括で支払うのがキツイとき、毎月設定した金額に分けて支払うことができる支払い方法です。ちなみに、デビュープラスのリボ払いはマイ・ペイすリボという名前です。

たとえば、デビュープラスで5万円の支払いをしたものの、まとめて支払うのがキツイ…。と感じたとしましょう。前もってリボ払いの支払い金額は5,000円に設定しているとすると、毎月5,000円ずつ10回に分けて支払うことができます。

ただ、リボ払いは言ってしまうと「借金」と同じなので、金利手数料がかかります

このリボ払いのしくみを、わかりやすく図にすると以下のです。

マイ・ペイすリボの支払い例

マイ・ペイすリボの支払い例

(引用:三井住友カード公式サイト – マイ・ペイすリボとは

リボ払いは毎月5,000円などの設定した金額を支払うのが基本ですが、もしも「今月は余裕があるからもっと支払えるな」というときは、会員サイトなどで支払い金額を増やすことができます。

リボ払いの残高を増額して支払うことにより、金利手数料を抑えることができます。リボ払いの金利手数料は1日単位で発生するので、1日でも早く支払った方が得になるわけですね。

デビュープラスは、リボ払いで金利手数料が発生する支払いがあればポイント還元率1.5%と、通常の1.5倍にアップします。

このように説明するとリボ払いはお得なように感じるかもしれませんが、アップするポイントよりも金利手数料の方が高いので、トータルでみると損になってしまいます。

なので、ポイント還元率を上げたいという理由だけでリボ払いを使うことはおすすめできません。

ただ、デビュープラスのようにリボ払いでポイント還元率が上がるクレジットカードは少ないので、リボ払いでポイント還元率が上がるのはデビュープラスの特徴の1つです。

デビュープラスの還元率まとめ

このページでは、デビュープラスの還元率のとくみについてくわしく説明しました。

デビュープラスは、いつでもどこで使っても還元率1%と、一般的なクレジットカードの2倍のポイントが貯まるカードです。

そしてさらに、以下の場面ではポイント還元率は1%よりも多くなります。

デビュープラスの還元率がアップする利用方法

  • 入会から3か月間は2.5%
  • ポイントUPモールを利用すると1.5%
  • リボ払い手数料を支払えば1.5%

なので、デビュープラスのポイント還元率を最大限に引き上げるには、カードに申し込んで手に入れてから3か月間はできるだけ普段の買い物に積極的に利用するようにした上で、インターネットショッピングではポイントUPモールを経由するようにすれば、より多くのポイントを貯めることができます。

なお、リボ払いであるマイ・ペイすリボを利用してもポイント還元率は上がるものの。金利手数料を考えると結果的には損してしまいます。なので、還元率を上げるためにマイ・ペイすリボを利用するのはやめましょう

>> 三井住友VISAデビュープラスカードの詳細はこちら!

三井住友VISAデビュープラスカードの公式サイト