イオンカードセレクトは学生でも持てる!人気No.1のイオンカード

イオンカードセレクト
イオンカードセレクト
年会費 国際ブランド 旅行傷害保険
無料 b_visab_masterb_jcb なし
限度額 最短発行日数
~30万円 3週間

●申込資格

18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方

イオンカードセレクトの申し込みはこちら

イオンのクレジットカードはさまざまな特典があり、電子マネーWAONを利用できるのも魅力です。そのため、イオンやWAONを利用する機会がある学生の方にはオススメです。

しかし、イオンのクレジットカードは数十種類と、ものすごく多くの種類が発行されています。あまりに種類が多すぎて、どれを選べばいいのかわからないという学生の方は多いのではないでしょうか?

そんな学生の方に激しくオススメなのが、このイオンカードセレクトです。イオンカードセレクトはWAONチャージでポイントが貯まる唯一のイオンカードです。

また、このカードを持っているだけで、イオン銀行の金利が100倍アップするというメリットがあります。なので、アルバイト代で使った残りをイオン銀行に預けておけば、ほかの銀行とはくらべものにならない利息がもらえてしまいます。

また、イオングループだけでなくダイエーとグルメシティでも5%割引特典があるので、イオンが少ない首都圏でも活用できます。

このページでは、ほかのイオンカードにはない、イオンカードセレクトだけの特徴についてくわしく説明します。

なお、イオンカード共通の特徴についてはこちらでくわしく説明しています。

学生でも審査にとおる

そもそもの話ですが、このカードは学生が申し込んでも審査に通り、持つことができるのでしょうか? 結論からいうと、学生でも持つことができる可能性が高いです。

このイオンカードセレクトをはじめ、すべてのイオンカードは入会資格が「満18歳以上」となっています。ですので、たとえアルバイトすらしていない無収入の学生であっても、入会資格を満たしていることになります。

ディズニーデザインが選べる

このカードには、VISA、MasterCard、JCBの3つの国際ブランドが用意されています。基本的には世界中でもっとも加盟店が多いVISAをオススメしますが、JCBだけはディズニーデザインを選ぶことができます。

JCBブランドだけはディズニーデザインを選ぶことができます

なので、もしディズニーデザインのイオンカードセレクトを持ちたいと考えているなら、JCBを選びましょう。

ディズニーデザインが選べるクレジットカードは、このカードをはじめとする数種類のイオンカードとJCB CARD EXTAGE、JALカードnaviぐらいしかありません。そういう意味でも、このカードは貴重な存在です。

JCBブランドはVISAやMasterCardとくらべると世界的には利用できるお店は少ないですが、イオンをはじめ国内での買い物で不便を感じることはまずありません。

イオンカードセレクトは三位一体

イオンカードセレクトがほかのイオンカードともっとも大きく点は、クレジットカードに加えて、イオン銀行のキャッシュカードと電子マネーWAONが1枚になっているということです。

ほかのイオンカードの中にはクレジットカードと電子マネーWAONが1枚になったものはありますが、キャッシュカードまでもが1枚になっているものはありません。

そのため、イオンカードセレクトの引き落とし口座は、イオン銀行のみ指定できます。ほかの三井住友銀行やみずほ銀行、ゆうちょ銀行のような銀行は一切指定できないので注意しましょう。

イオン銀行以外から引き落としたいならイオンカード(WAON一体型)

もしカード利用金額の引き落とし口座を、イオン銀行ではなく今使っている口座にしたい学生の方には、イオンカード(WAON一体型)をオススメします。

イオンカード(WAON一体型)

このカードなら、利用金額の引き落とし口座を自由に選ぶことができます。また、その名のとおり電子マネーWAONと一体型なのでWAONをチャージ・利用することができますが、イオンカードセレクトとは異なり、WAONチャージでポイントが貯まりません。

そのため、もしWAONチャージのポイントにこだわらないなら、イオンカード(WAON一体型)をオススメします。

イオンカード(WAON一体型)の詳細ページはこちら

なお、イオン銀行の口座を持っていなくても、カードの申し込みと同時に口座を作ることができます。

また、もしもすでにほかのイオンカードを保有している場合、無料でイオンカードセレクトに切り替えることができます。

年会費は完全に無料

イオンカードセレクトは、ほかのイオンカードと同じようにクレジットカード本体とETCカードともに、年会費・発行手数料無料です。そのため、もしもカードに申し込んでからまったく利用せずに持っているだけだったとしても、1円も損することはありません。

学生向けクレジットカードは基本的に年会費無料が多いですが、このイオンカードセレクトは学生向けのカードではないにも関わらず年会費無料なのは嬉しいですね。

ほかのイオンカードにはないメリット

いよいよここからは、イオンカードセレクトのほかのイオンカードにはないメリットを紹介したいと思います。

冒頭でも書いたとおり、イオンカードセレクトはもっともオススメのイオンカードです。その理由としてWAONチャージでポイントが貯まるので、イオングループやWAONが使えるところでは大きく節約できること、そしてさらにイオン銀行の金利が100倍になることが挙げられます。

これらの特典は、ほかのイオンカードにはありません。ですので、イオンのクレジットカードを作るなら、イオンカードセレクトを強くオススメします。

以下では、イオンカードセレクトにしかない特典であるWAONチャージによるポイントと、イオン銀行での優遇についてくわしく説明します。

WAONへのオートチャージでポイント二重取り

イオンカードセレクトがほかのイオンカードと大きくちがうのは、ここまで説明したようにWAONチャージでポイントが貯まることです。具体的には、イオン銀行口座からWAONにオートチャージすることにより、チャージ金額の0.5%のWAONポイントが貯まります。

また、電子マネーWAONは利用金額の0.5%のWAONポイントが貯まるので、イオンカードセレクトだとWAONのチャージと利用でポイントが二重取りできます。

なお、WAONチャージでポイントが貯まるカードは、このイオンカードセレクトとJALカードnaviのみです。(JALカードnaviはJALマイルが貯まります)

ですから、イオンカードセレクトは電子マネーWAONのチャージでポイントが貯まる、数少ない貴重なカードだといえます。

家族カードはWAONチャージでポイントが貯まらない

このカードの家族カードは、WAONのオートチャージでのポイントが貯まりません。

そのため、親が持っているイオンカードセレクトの家族カードを利用してWAONポイントを貯めようと考えているなら、WAONチャージのポイントはあきらめるか、自分の名前でイオンカードセレクトを作るようにしましょう。

イオン銀行の普通預金金利が100倍アップ

イオンカードセレクトだけのメリットとして、このカードを持っていると、イオン銀行の普通預金の金利が年0.099%上乗せされます。現在の金利は0.001%なので、なんと100倍の0.1%にまで跳ね上がります。

金利0.1%ということは、イオン銀行の口座に10万円を預けておけば、1年後には100円の金利がつくことになります。たった100円ですが、ほかの銀行に同じように10万円を預けたとしても、たったの1円しか金利がつかないことを考えると、破格にお得であるといえるでしょう。ちなみに金利0.1%というと、一般的な定期預金と同じ金利です。

口座残高が最低いくら以上ないといけないといった条件や期間も決められていない普通預金の金利では、イオン銀行は日本一の高金利となります。

また、イオン銀行のATM手数料は無料な上、イオンをはじめマックスバリュやミニストップ、まいばすけっとなどで入出金もスムーズにできます。なお、イオン銀行の営業拠点数は2016年12月末時点で135店、ATM設置台数は5,805台と着実に増加しています。

ですので、このカードを作るのと同時に作った口座にアルバイト代などが振り込まれるようにすれば、定期預金並みの金利が受け取れる上に、手数料無料でお金を引き出すことができます。カードの利用だけでなく、金利やATM手数料までお得になるクレジットカードは、日本中探してもこのカードぐらいでしょう。

イオン銀行の定期預金キャンペーンもある

上記でイオンカードセレクトを持っていれば、イオン銀行の普通預金の金利がアップすると書きました。金利の優遇があるのは、普通預金だけではありません。このカードの会員限定で、特別金利の定期預金キャンペーンも定期的に開催されています。

過去の例を紹介すると、2014年11月30日までにイオン銀行で定期預金をすると、1年0.30%、2年・3年・5年0.35%のキャンペーンが、2015年11月1日~2016年2月5日には、1・2年0.20%、3・5年0.30%の特別金利が適用されました。

学生の方であれば定期預金をする機会は少ないかもしれませんが、もしも定期預金を考えるなら、イオン銀行のキャンペーンをチェックすれば、ほかの銀行よりもお得な金利になります。

イオン銀行の取引でWAONポイントが貯まる

先ほども書いたイオン銀行での取引で貯まるWAONポイントについて説明します。

イオンカードセレクトを持っていれば、イオン銀行をアルバイト代の振込み口座に指定すると、毎月10WAONポイントが、ほかの銀行へ振り込みをすると216WAONポイントが貯まります。1WAONポイント=1円としてWAONにチャージできるので、バイト代の振り込みで10円が、銀行振り込みで216円がもらえるのと同じ意味になります。

なお、イオン銀行からほかの銀行への振り込みは、216円の振込手数料がかかります。なので、WAONポイントをもらうことにより、実質的に無料で振り込みができる形になります。

さらに、各種公共料金や携帯電話料金をこのカードかイオン銀行口座振替で支払うと、1件につき5WAONポイントがプレゼントされますが、これらの支払いで多くポイントを貯めたいなら、ほかのカードで支払った方がお得です。

このように、イオンカードセレクトを持っていれば自動入会できるイオン銀行ポイントクラブでは、WAONチャージのポイントアップをはじめ、さまざまな特典があります。これらの特典を利用できるのはイオンカードセレクトだけで、ほかのイオンカードでは利用できません。

まとめ

このページでは、ほかのイオンカードにはない、イオンカードセレクトだけの特徴についてくわしく説明しました。

イオンカードセレクトは、数多くのイオンカードの中でもオリジナルの特典が充実しており、最もお得なカードです。

具体的には、WAONのオートチャージでポイントが貯まったり、イオン銀行の普通預金の金利がアップしたりする特典が魅力的です。

このカードでWAONオートチャージしてからイオンで買い物すれば、毎月の食材やイオンモールでの買い物でポイントが貯まり、結果として節約になります。節約できるお金は、ほかのことに使ったり貯金したりできますね。

まとめると、イオンカードセレクトは、イオンやマックスバリュ、ダイエー、グルメシティをよく利用する学生の方にはかなりお得でオススメのカードです。

WAONチャージでポイントが貯まる唯一のイオンカード!

イオンカードセレクトの申し込みはこちら

イオンカードセレクトの詳細

最後に、イオンカードセレクトのくわしいサービス内容を表にまとめました。

発行会社 株式会社イオン銀行
国際ブランド b_visaマスターカードJCB
年会費・
発行手数料
本カード 無料
ETCカード 無料
カード特典 WAONチャージで
ポイント付与イオングループで
指定日に割引
会員ネットサービス イオンファイナンシャルサービス
暮らしのマネーサイト
会員限定ショッピングモール
付帯保険 海外旅行
傷害保険
なし
国内旅行
傷害保険
なし
ショッピング
保険
年間最高50万円
その他保険

カード盗難補償

ETCゲート車両損傷お見舞金制度
(ETCカードに付帯)

ポイント 名称 ときめきポイント
付与条件 200円ごとに1ポイント
ただし、Suicaチャージ・モバイルSuicaなどは
400円ごとに1ポイント
有効期限 2年
ポイント交換  商品券・
ギフト券

ワタミグループお食事券

イオンコンパス海外パッケージ
旅行利用券

イーハート食事券

イオン商品券

JCBギフト券

他ポイント WAONポイント
dポイント
キャッシュ
バック
マイル JALマイル
限度額 ショッピング 公式サイト参照
キャッシング 公式サイト参照
支払方法 1回、2回(手数料無料)、
ボーナス一括払い、
分割払い、リボ払い
支払日 10日締め翌月2日払い
金利手数料 リボ 15%
海外利用手数料 1.6%
対応
電子
マネー
d_suica モバイルSuicaのみ利用可
ポイント半分付与
d_edy チャージ不可
d_pasmo チャージ不可
d_nanaco チャージ不可
d_waon ポイント対象
d_au ポイント対象(マスターカードのみ)
 d_icoca ポイント半分付与
d_pitapa 利用不可
d_id ポイント対象
(おサイフケータイのみ)
d_quicpay 使用不可
利用可(d_id

WAONチャージでポイントが貯まる唯一のイオンカード!

イオンカードセレクトの申し込みはこちら