JCB LINDA(リンダ)は女子学生向けのかわいいデザイン

JCB LINDA(リンダ)
JCB LINDA(リンダ)は女子学生向けのかわいいデザイン
年会費 国際ブランド 旅行傷害保険
実質無料 b_jcb なし
限度額 最短発行日数
5〜30万円 3営業日

●申込資格

18歳以上で高校生を除く18歳以上で学生の方
本人または配偶者に安定継続収入のある方

(未成年は、親権者の同意が必要)

新規入会限定キャンペーン

今なら新規入会とカード利用で最大5,500円分のポイントがプレゼントされます。

具体的には以下の条件を満たせばポイントがプレゼントされます。ただ、最後の2つは実際に条件を満たすのが難しいので、実質的にもらえるのは4,000円分になります。

  • 新規入会でもれなく2,000円分のJCBギフトカードプレゼント

インターネットで申し込みし、入会すれば2,000円分のJCBギフトカードがもれなくもらえます。

JCBギフトカードとは、全国100万店以上の百貨店や家電量販店、スーパー、飲食店、コンビニで使える商品券のことです。利用できるお店はたくさんあるので、使いみちに困ることはないでしょう。

  • 携帯電話・公共料金の支払いに設定すれば、5人にひとり2,000円キャッシュバック
  • 「支払い名人」登録・利用で1,500円キャッシュバック

支払い名人とは、金利手数料がかかるリボ払いのことです。入会プレゼントのために金利手数料がかかる支払い方法に登録するのは、あまりおすすめしません。ヘタをすると、プレゼントでキャッシュバックされた金額よりも金利手数料の方が高くなってしまいます。

  • 家族カード同時入会で最大2,000円分のJCBギフトカードプレゼント

家族カードとは、カードに申し込んだ人とは別の、配偶者や親が使えるカードのことです。家族カードは学生の方は申し込めないので、このプレゼントは受け取ることができません。

何はともあれ、このカードに入会して携帯電話などの料金支払いに設定するだけで4,000円分のプレゼントを受け取ることができます。ぜひこの機会に申し込んでプレゼントを受け取りましょう。

JCB LINDA(リンダ)の申し込みはこちら

JCB LINDA(リンダ)という女性向けのクレジットカードがあります。このカードは券面デザインがオシャレでかわいい8種類から選ぶことができ、女性向けの特典が充実しています。

なので、クレジットカードを選ぶなら見た目で選びたい! という女子学生の方にはオススメです。お店での買い物のときに、財布からオシャレなカードを取り出して店員さんに渡すとテンションが上がることは間違いありません。

また、カードデザイン以外にも、女子学生向けのプレゼントや格安の保険、海外旅行サービスの充実など、女子学生のライフスタイルに合ったお得なサービスが用意されています。また、クレジットカード会社の大手として有名なJCBが発行しているカードなので、セキュリティやサポートも信頼できます。

そのため、おしゃれな女性向けデザインで、長く使えるカードを探している女子学生の方にオススメできます。

このページでは、このカードの特徴であるカードデザインやプレゼント、女性向け保険や海外旅行サービスなどについてくわしく説明します。このカードが、ライフスタイルに合っているかどうか考える材料にしてもらえたらと思います。

女子学生でも持つことができる

このカードは、学生の方でたとえ無収入だったとしても持つことができます。

このカードの入会資格は「18歳以上で、本人または配偶者に安定継続収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方」と決められており、学生の方は安定継続収入が条件となっていません。

なので、もしアルバイトをしていないため審査が不安だと女子学生の方であっても、無収入が理由で審査落ちすることはありません。ですから安心して申し込んでいただけます。

なお、女性向けのデザインやサービスですが、男性でも申し込んで持つことはできます。

年会費は実質無料

無収入の学生の方でも持つできるとわかれば、次に気になるのが年会費ですね。結論からいうと、このカードは在学中は完全に無料で持つことができます。

つまり、申し込んでまったくカードを利用しなかったとしても、1円のコストもかかりません。

このカードは年会費無料なのですが、年会費とは別にデータ維持料(月額100円+税)が発生します。そのため、実質的に年会費1,200円+税のカードだということになります。

しかし、このデータ維持費は、次のどれかを満たせば無料になるしくみなのです。

データ維持費が無料となる条件

  • 学生の方
  • 携帯電話・PHSの利用料金をこのカードで支払う
  • 1か月のカード利用金額が1万円(税込)以上

なので、学生の方であればデータ維持費が無料になります。

そして大学などを卒業や中退して学生でなくなったときは、携帯電話・PHSの利用料金か1か月の利用金額、どちらかの条件を満たすことにより、引き続きデータ維持費が無料で持つことができます。

今支払っている携帯電話・PHSの料金をこのカードで支払うようにするなら簡単に条件を満たせます。また、万が一スマホやケータイを持っていなかったり、このカードから支払い設定ができない理由があったりする場合でも、社会人になれば月1万円のカード利用は簡単です。

そのため、JCB LINDAは実質的に無料のカードだと考えることができます。

ETCカードは完全無料

このカードの追加で申し込むことができるETCカードは、完全に年会費無料です。このカード本体は、ある条件を満たすことによりデータ維持費が無料になるという、ちょっとややこしいシステムでした。

しかし、ETCカードについては無条件で年会費無料です。友だちと車で出かけるために申し込み、あとはまったく利用しなかったとしても、まったくコストはかかりません。

それではいよいよここから、JCB LINDAの特徴についてくわしく説明していきます。

オシャレでかわいい8種類のカードデザイン

JCB LINDAの最大の特徴は、カードデザインが8種類の中から選べることです。このカードのデザインは、以下の8種類が用意されていて、お好みで選ぶことができます。

JCB LINDAのかわいい8種類のデザイン

なお、どのデザインを選んでもカードの機能やサービスは同じです。

多くのクレジットカードは、よくいうと万人受けする、悪くいうと無難でおもしろみがないデザインです。このカードのデザインは、どれもなかなかセンスがよいのではないでしょうか?

もしもデザインに迷った場合は、「M / mika ninagawa」をオススメします。

このデザインは、蜷川実花(写真家/映画監督)がディレクションするブランド「M / mika ninagawa」とコラボレーションした券面で、過去に期間限定で募集をしていました。しかし評判がよかったようで、今では期間限定ではなく、正式に追加されています。

期間限定の予定が、好評につき正式ラインナップしたM/mika ninagawa

プロの写真家とのコラボだけあって、色鮮やかで華やかな感じがしますね。

このように、JCB LINDAのカードフェイスは、どれもかわいかったりスタイリッシュだったりと、ハイセンスなデザインが8種類用意されています。財布から取り出してさりげなく友だちに自慢したい気分になりそうですね。

2.プレゼントが当たる

このカードは女性向けのプレゼントが数多く用意されているのも特徴です。

具体的には、会員限定のキャンペーンやメルマガなどで特典やプレゼントがもらえるチャンスがあります。必ずプレゼントが当たるわけではありませんが、このカードを持っているだけでプレゼントをもらえることがあれば、それだけでお得だといえます。

ここからは、JCB LINDA会員限定のプレゼントの内容について、くわしく説明します。

1.毎月豪華特典やプレゼントが当たる

このカードの会員限定で、毎月いろいろな企業から提供される特典やプレゼントが当たるキャンペーン「LINDAリーグ」が開催されています。

具体的には、ロクシタンやネイルクイック、資生堂 dプログラム、ABISTE、JCBトラベルのような化粧品やアクセサリー、トラベル特典などが当たります。

毎月プレゼントが当たるLINDAリーグ

女子学生の方的には、もらえるとけっこう嬉しいものが多いのではないでしょうか。なお、代表的なプレゼントや優待は、以下のとおりです。

  • JCBトラベルで使える旅行代金 1万円分(目録)
  • ネイルメニューギフトチケット(5,000円分)
  • クイーンズ プレミアム マスク 毛穴引き締めマスク
  • メイベリン ピュアミネラル BB フレッシュクッション 全2色
  • 寺田 真二郎著『男を満たす最強の手料理』
  • 全国のTOHOシネマズで利用できる映画鑑賞券
  • JCBギフトカード(LINDA MAIL登録者特典)
  • MILLEPORTE2,000円分のクーポン

毎月必ず何かが当たるというわけではありませんが、このカードを持っているだけで何かが当たるかもしれないと思うと、ちょっとワクワクしますね。

2.会報誌やメルマガが届く

このカードの会員には毎月、会報誌「Monthly LINDA」が、月2回メルマガ「LINDA MAIL」が届きます。

「女性のキレイをサポートする情報」が届くとのことで、会員サイトでは「今月のレシピ~料理研究家寺田真二郎の簡単おいしい時短レシピ~」といったコンテンツもあります。

要チェックなのは、毎月2回配信されるメルマガです。メルマガ会員限定のプレゼントや、その場で結果が分かる抽選ゲームなどがあってお得です。

3.映画鑑賞券プレゼント

このカードでは、ここまで説明したほかにも、まだプレゼントがもらえます。

このカードの会員限定で、全国のTOHOシネマズで利用できる映画鑑賞券が20組40名にプレゼントされる「シネマプレゼント」があります。めでたく映画鑑賞券が当たれば、その券を各劇場に持っていき、窓口で座席指定券に引き換えて利用します。なお、この映画鑑賞券は、400円(税込)を自分で支払えば3D上映も鑑賞できます。

ただし、インターネットチケットvit、試写会・イベント・特別興行の作品など、利用できないこともあります。

 

ここまで紹介したように、このカードを持っていればプレゼントが当たるチャンスが数多くあります。「もしかしたら何か当たるかもしれない」と考えるだけでも嬉しいですね。

3.女性向け保険に格安で加入できる

次に、このカードは女性向けの保険に格安で加入することができる「お守(おまもり)リンダ」というサービスが用意されています。

この保険はJCB LINDAの会員が契約できるというメリットを活かし、とても安い保険料で契約できる団体保険です。個人で保険に入るよりもはるかにお得な金額となっています。

保険を運営している会社としては、営業コストをかけずに多くの加入者を確保できます。このカードを発行しているジェーシービーがカード会員に知らせてくれるので、保険会社は何もしなくても保険の加入者が増えるのです。そのため、保険会社は営業コストが下がった分、保険料を安く設定してくれます。

また、カードを発行しているジェーシービーは、加入者数に応じて保険会社から一定のお金を受け取っています。このお金を使ってJCB LINDAの特典やプレゼントなどをより魅力的にすることにより、さらに会員数を増やすことができるというメリットがあります。

このように、お守リンダのしくみは、私たちカード加入者とカードを発行しているジェーシービー、保険会社のすべてにメリットがあります。

なお、この保険はオプションなので、不要だと感じた場合は加入しなくてもOKです。当然ですが、保険に加入しなければ費用は一切かかりません。

ここで加入できる保険は、女性特定がんや天災(地震や津波)によるケガ、ひったくりなどの犯罪被害、ケガによる入院の4種類です。なお、満20歳以上が対象となっているため、10代の女子学生の方は加入できません。

女子学生の方であれば若いので、がんの保険は必要ないかもしれません。しかし、ひったくりやケガのようなトラブルによる出費のダメージを軽減するために加入するののも1つです。

ここからは、お守リンダで用意されている女性特定がん、天災限定傷害、犯罪被害補償、傷害入院補償の4つのプランについて説明します。

1.女性特定がん

乳がんや子宮がん、卵巣がんのような女性特有のがんを補償してくれるプランです。このプランは満20~79歳の女性が対象で、はじめて乳がんや子宮がん、卵巣がんと病院で診断が確定して手術を受けた場合、50万円の保険金を受け取ることができます。

保険金額は若いほど安く、24歳までだと月額30円です。なお、20~79歳までの月額掛金を、以下のとおり表にまとめました。

女性特定がん保険の年齢ごとの月額掛け金

年齢 月額掛け金
20〜24歳 30円
25〜29歳 60円
30〜34歳 110円
35〜39歳 190円
40〜44歳 340円
45〜49歳 480円
50〜54歳 600円
55〜59歳 630円
60〜64歳 560円
65〜69歳 560円
70〜74歳 520円
75〜79歳 420円

このプランに加入できる最高の79歳であっても、月額420円というものすごく安い金額で女性特定がんが補償されます。ただ、79歳の女の人がこのカードを持つイメージがちょっと湧きませんが…。

女子学生の方であれば、保険代が安いので万が一のために加入するのも1つですし、今は加入せずに今後考えてもよいでしょう。

2.天災限定傷害

天災によるケガが原因で入院したり手術を受けたりした場合に保険金が支払われます。天災とは、地震や噴火、津波のことです。

このプランは満20~70歳の方が対象で、入院費として1日につき5,000円、手術をした場合は最高20万円(手術の種類により異なる)の保険金を受取ることができます。

3.犯罪被害補償

ひったくりや空き巣による被害を受けた場合の補償も用意されています。女子学生なら、ひったくりで持ち物を奪われてしまったり、ひとり暮らしをしていれば大学やバイトの間に部屋に侵入されたりする可能性も十分にあります。

ひったくりの被害に遭った場合、最高50万円まで保険金を受け取ることができます。

また、空き巣被害では、鍵交換のために実際に負担した費用を3万円まで支払ってくれます。さらに、ストーカー行為などを受けて防犯機器を買った費用を50万円まで受け取ることができます。

このプランは、女子学生の方にはかなりよいのではないでしょうか?

4.傷害入院補償

ケガが原因で入院した場合に、1日につき5,000円の保険金を受け取ることができます。なお、この保険は天災(地震や噴火、津波)によるケガは補償対象外です。天災によるケガの補償を受けたいときは、先ほど説明した天災限定傷害に加入しましょう。

 

このように、このカードの会員は女性特定がんや天災限定傷害、犯罪被害補償、傷害入院補償の4つのプランの中から、好きなものを選んで格安で加入することができます。もちろん、どれも加入しないという選択もできます。

日常生活の補償も受けられる

このカードを持っていると、上記のお守リンダに加えてJCBトッピング保険にも加入できます。

JCBトッピング保険とは、月額120円からの安い保険料で、最高1億円という多額の補償が得られる保険です。

具体的には、他人にケガをさせてしまったり、他人の持ち物を壊してしまって弁償しなければならなくなったとき、最高1億円まで補償されます。もしも大事になってしまったとき、裁判の訴訟などの費用も補償されるという本格的な保険です。

貯まるポイントは平均的

続いて、JCB LINDAを利用して貯まるポイントについて説明します。

このカードを使って買い物をすると、Oki Doki(オキドキ)ポイントが1,000円(税込)ごとに1ポイント貯まります。

Oki Dokiポイントとは、ジェーシービーが発行されている多くのカードを利用すれば貯まるポイントのことです。このカードもジェーシービーが発行しているため、このOki Dokiポイントが貯まるのです。

Oki Dokiポイントは1ポイント5円の価値があるので、JCB LINDAは利用金額の0.5%がポイントで還元されるカードになります。

学生が持つことができるカード全体でみると、利用金額の0.5%分のポイントというのはいたって平均的です。

とはいえ、現金で買い物をしてもポイントのような形で還元されることはまったくないことを考えると、このカードを持つことによりお得になることは確かです。

そしてここからは、このカードで貯まるポイントをさらにアップさせる方法について説明します。以下の内容を知っておけば、このカードをお得に利用することができます。

LINDAボーナス制度

上記のとおり、このカードは利用金額の0.5%と、「普通」のポイントがもらえます。しかし、ポイントが2倍や3倍になるLINDAボーナス制度というものがあります。

このカードの年間の利用金額が50万円に達すると、その翌月からポイントが2倍(利用金額の1%)に、100万円になると3倍(利用金額の1.5%)に大幅アップするのです。

この年間の利用金額の判定は、入会した月から1年単位です。くわしく書くと、カード表面に書かれている有効期限月の前月16日~翌年の有効期限月の前月15日までの期間です。

ややこしいので、「入会してから1年単位」と覚えておいていただければ十分かと思います。

そして、上記で説明した50万円や100万円といった年間利用金額に達すると、達成した月の翌月~有効期限月の前月15日まで、ポイントが2倍や3倍になるしくみです。

たとえば、このカードに8月17日に入会し、カード有効期限が8月末だとします。このとき、毎年7月16日~翌年7月15日が年間利用金額のサイクルとなります。

この期間中に利用額が50万円を超えると、次の7月15日までポイントが2倍になります。

JCB LINDA公式サイト・Oki Dokiポイントプログラム for LINDAより引用)

女子学生の方であれば、年間50万円のカード利用でポイント2倍のメリットを受けられるかどうか? というラインだと思います。

また、せっかく年間利用額50万円に到達してポイントが2倍になったとしても、1年単位でリセットされてしまうため、現実的にポイント2倍の恩恵が受けられるのは1~2か月ぐらいのような気がします。

しかし、利用金額によって少しでもポイントが多く貯まることは、嬉しいことです。

このように、JCB LINDAは年間利用額が50万円でポイント2倍、100万円で3倍になるLINDAボーナス制度があります。

スターバックスカードはポイント5倍

JCB LINDAでスターバックスカードにオンライン入金やオートチャージをすると、Oki Dokiポイントがなんと5倍になります。このカードは基本的に利用金額の0.5%のポイントが貯まるので、2.5%にまでアップするのです。

このカードのスターバックスカードへのチャージでポイント2.5%という数字は、数あるクレジットカードの中でも最高クラスです。なので、よくスタバで友だちと話したり、勉強したりする女子学生の方なら、スタバの飲み物やケーキ代を節約することができます。スタバ、高いですからね。

ポイント5倍はオンライン入金かオートチャージが条件

ただ、注意が必要なのは、ポイントが5倍になるのはスターバックスカードにオンライン入金とオートチャージの場合に限られることです。

スタバのレジでスターバックスカードにチャージしたり、代金をこのカードで直接支払ったりした場合はポイント5倍になりません。

JCB ORIGINALシリーズならAmazonやセブンイレブンでもボーナスポイント

JCBが発行しているカードの中には、スターバックスやAmazon、セブンイレブンなどでボーナスポイントが貯まるものがあります。女子学生にオススメのカードなら、JCB CARD EXTAGEがあります。

JCB CARD EXTAGE(ワインレッド)

このJCB CARD EXTAGEなど数種類のカードでは、JCB SeriesパートナーとよばれるスターバックスやAmazon、セブンイレブンなどで利用するとボーナスポイントが貯まります。

しかし、JCB LINDAはJCB Seriesパートナーではボーナスポイントが貯まりません。なので、もしJCB Seriesパートナーをよく利用するので、ボーナスポイントが欲しい! という女子学生の方には、JCB CARD EXTAGEを持つことをオススメします。

JCB CARD EXTAGEのページ詳細はこちら

JCBトラベル対象ツアーでポイント3倍

このカードでJCBトラベルの特典対象ツアーの支払いをすると、ポイント3倍(還元率1.5%)となります。

たとえば10万円分のツアーの支払いだと、1,500円相当もポイントがもらえることになります。もしもツアー代金を現金や振り込みで支払ったとしても、ポイントがもらえたり割引になったりすることはないので、ぜひこのカードを利用したいところです。

Oki Dokiランドでネット通販の還元率1%以上

このカードはネットショッピングだと、通常のカード利用よりも多くのポイントが貯まります。

このカードを発行しているジェーシービーが運営しているOki Dokiランドというポイントモールを経由してネットショッピングをすると、ポイントが加算されるしくみになっているのです。

Oki Dokiランドの代表的な店舗には、Amazon、楽天、ヤフーショッピング、ロハコなどがあります。これらは国内でも有名で多くの利用者がいることから、多くの女子学生の方にとっても大きなメリットがあるのではないでしょうか?

Oki Dokiランドで利用できる店舗は以下の表のとおりです。

Oki Dokiランドで利用できる店舗とポイント倍率

ポイント倍率は、たとえば2倍だと基本となる0.5%に、さらに0.5%の上乗せがあるという意味です。そのため、3倍だと1.5%ではなく1%、4倍は1.5%となります。

ジャンル 店舗 ポイント
倍率
ポイント
還元率
総合 Amazon 2倍 1%
楽天市場 2倍 1%
LOHACO 2倍 1%
Yahoo!
ショッピング
2倍 1%
ポンパレモール 2倍 1%
ベルメゾンネット 3倍 1%
セブンネット
ショッピング
2倍 1%
Wowma!
(ワウマ)
2倍 1%
ニッセン 4倍 2%
ヤマダモール 2倍 1%
スーパー
など
SEIYU
ドットコム
2倍 1%
楽天
ネットスーパー
2倍 1%
楽天24 2倍 1%
FANCL 2倍 1%
DHC
オンラインショップ
4倍 2%
爽快ドラッグ 2倍 1%
家電 ビックカメラ.com 3倍 1.5%
Apple Store 2倍 1%
ひかり
TVショッピング
2倍 1%
ヤマダ電機
WEB.COM
2倍 1%
エディオン
ネットショップ
2倍 1%
本・
音楽
BookLive! 2倍 1%
honto 2倍 1%
TSUTAYA
オンライン
2倍 1%
楽天ブックス 2倍 1%
旅行 エクスペディア 2倍 1%
JCBトラベル 2倍 1%
近畿日本
ツーリスト
2倍 1%
JTB 2〜3倍 1〜
1.5%
JAL
日本航空
5倍 2.5%
アップル
ワールド
10倍 5%
クーポン グルーポン 2倍 1%
ポンパレ 2倍 1%
RaCoupon
買うクーポン
2倍 1%
くまポン
byGMO
2倍 1%
ファッション マルイ
ウェブチャネル
2倍 1%
ジーユー
オンラインストア
2倍 1%
i LUMINE
(アイルミネ)
2倍 1%
JINS 2倍 1%
ABC-MART
.net
2倍 1%

上記の表のとおり、Oki Dokiランドでは多くのインターネットショップでポイントアップして貯めることができます。

さらに、Oki Dokiランドではキャンペーンでポイントが増加することがよくあります。なので、上記の表よりも多くのポイントがもらえることもあります。

ここまで説明したように、JCB LINDAは基本的にカード利用金額の0.5%がポイントとしてもらえます。この0.5%というのはほかのクレジットカードとくらべると平均的なものです。

しかし、スターバックスカードへのチャージやJCBトラベル対象ツアー、インターネットショッピングでのOki Dokiランド利用では、0.5%よりも多くのポイントがもらえます。

ポイントはJCB CARD EXTAGEの方が得

上記で説明したとおり、JCB LINDAはスターバックスカードへのチャージなどでポイントがアップするものの、お得にポイントが貯まるカードではありません。

もしポイントが貯まるカードを持ちたいなら、JCB CARD EXTAGE(ジェーシービー・カード・エクステージ)をオススメします。

JCB CARD EXTAGE(ワインレッド)

JCB CARD EXTAGEのポイントは、JCB LINDAにすべてにおいて勝っています。

具体的には、入会してから3か月以内ならJCB LINDAの3倍、それ以降でも1.5倍とお得になっています。また、上記で紹介したスターバックスカードへのチャージやJCBトラベル対象ツアー、インターネットショッピングでのOki Dokiランド利用でのポイントアップもすべて適用されます。

JCB CARD EXTAGE には女子学生向けのサービスはまったくついていない上、カードデザインも一応4種類から選べるものの無難な感じです。しかし、これらの点よりもポイントを優先したいなら、JCB CARD EXTAGEをオススメします。

JCB CARD EXTAGEの詳細ページはこちら

ポイントの使いみちには困らない

ここまでJCB LINDAのポイントについてくわしく説明しました。

このカードを利用して貯めたOki Dokiポイントは、いろいろな商品やギフト券、ほかの電子マネーやポイントと交換できます。なので、ポイントの使いみちで困る女子学生はおそらくいないでしょう。

Oki Dokiポイントについては、JCB CARD EXTAGEのページでくわしく説明しています。

ポイント有効期限は2年

Oki Dokiポイントの有効期限は、ポイントを受け取ってから2年です。2年をすぎるとポイントは失効してしまうので、忘れず交換するようにしましょう。

QUICPayが使える

このカードは、後払い方式の電子マネーであるQUICPayを利用できます。QUICPayには、クレジットカードに内蔵された内蔵型、クレジットカードとは別に発行される専用カードタイプ、おサイフケータイで設定して利用するモバイルタイプの3種類があります。また、このカードをApple Payに登録すれば、iPhoneやApple WatchでQUICPayが利用できます。(Apple Payについては、後でくわしく説明します)

QUICPayはSuicaやnanacoとは異なり、前もってのチャージが不要で後払いなので使いやすい電子マネーです。チャージ不要なので、残高を樹にする必要がありません。なお、利用した代金はクレジットカードの利用金額と合わせて引き落とされます。

そしてQUICPayの利用でも、カード利用と同じようにOki Dokiポイントが貯まります。そのため、クレジットカードは利用できないもののQUICPayは利用できるという店舗でもポイントを貯めることができるというメリットがあります。

QUICPayは、多くの店舗で利用できます。具体的には以下の表のとおりです。

QUICPayが使える主な店舗

ジャンル 店舗
コンビニ セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、
ミニストップ、ポプラ、生活彩家、ローソンストア100、
ローソンマート
スーパー イトーヨーカドー、イオングループ、オーケー、アピタ、ピアゴ、
阪急オアシス、アークス、平和堂
百貨店など ドン・キホーテ、阪急メンズ大阪/東京、近鉄百貨店、阪急百貨店、
阪神百貨店、名鉄百貨店、ジェイアール名古屋タカシマヤ、
JRセントラルタワーズ/JRゲートタワー/ゲートウォーク、
なんばCITY、なんばパークス、ル・トロワ、阪急西宮ガーデンズ
ガソリン
スタンド
ENEOS、昭和シェル石油、エッソ・モービル・ゼネラル(セルフSS)
ドラックストア ツルハドラッグ、ココカラファイン、
富士薬品グループ(セイムス・スマイル・アメリカンドラッグ等)、
くすりの福太郎、ドラッグユタカ
食事 すき家、壱番屋、すかいらーくグループ、ロイヤルホスト、かっぱ寿司、
コメダ珈琲、サガミグループ、鳥どり、海鮮三崎港、味の民芸、響、
手延うどん水山、JINJIN、ASIAN LEAF
本・
CD/DVD
HMV、古本市場、明林堂書店、八重洲ブックセンター
家電 ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、エディオン、ヨドバシカメラ、
PC DEPOT
タクシー 東京無線タクシー、チェカーキャブ、さくらタクシー、日本交通、
国際自動車、朝日交通、昭和グループ、明和グループ、
名古屋近鉄タクシー、宝交通、東和交通、日の丸自動車
ホテル アパホテル
空港 ANA FESTA、新千歳空港ターミナルビル、中部国際空港セントレア、
大分空港
レジャー MOVIX、ジャンカラ、スーパージャンカラ、USJ、富士急ハイランド、
スパリゾートハワイアンズ、京セラドーム大阪、快活CLUB、
福岡 ヤフオク!ドーム、東京ドーム、アドベンチャーワールド、
コロナワールド、東京タワー、阪神甲子園球場、キッザニア東京・甲子園
アパレル ライトオン、マックハウス、マックハウスプラザ、OUTLET-J、コナカ
その他 auショップ、モッズ・ヘア、カクヤス

なお、この表はQUICPayが使える店舗の一部です。ほかにも多くの店舗で利用できます。

QUICPay以外の電子マネーではポイントが貯まらない

このカードは、QUICPay以外の電子マネーにはほとんど対応していません。楽天EdyやWAON、PASMOにはチャージができません。

また、nanacoやモバイルSuica、SMART ICOCAにはチャージはできるものの、ポイントがつきません。

そのため、QUICPay以外の電子マネーを使いたい女子学生の方には、このカードはあまりおすすめできません。

Apple Payに対応!買い物やSuicaチャージができる

iPhone(7/7 Plus以降)、Apple Watch(Series 2以降)では、このカードをApple Payで利用できます。Apple Payとは、2016年10月25日から日本で開始したサービスです。クレジットカードを登録することによりiPhoneやApple Watchをおサイフケータイのように利用できます。具体的には、スマホや時計をお店のレジでかざすだけで、QUICPayが使える店舗で買い物ができます。

また、Apple Payで利用した金額に応じて、通常のカード利用と同じようにOki Dokiポイントが貯まります。

また、Apple PayではモバイルSuicaのようにiPhoneやApple Watchを自動改札機にかざせば電車に乗ることもできます。ただ残念なことに、このカードでApple PayでのSuicaチャージはポイントが貯まりません。

なお、今すでに残高のあるSuicaカードやSuica定期券を持っている場合、そのままApple Payに移行することも可能です。

Apple Payで利用できる電子マネーはSuicaのみ

Apple Payでは、電子マネーはSuicaのみ使えます。PASMOやSMART ICOCA、PiTaPaには対応していません。

このカードをApple Payに登録すると、店舗での買い物だけでなく、iPhoneやApple WatchのWalletアプリ内でのSuicaチャージすることもできます。ただ残念なことに、Suicaチャージは店舗での買い物とは異なり、ポイントが貯まりません。

ただし、Suicaグリーン券や定期券、モバイルSuica特急券などは、通常のクレジットカード払いと同じ取扱いになるのでポイントが貯まります。

このように、JCB LINDAはApple Payでも利用することができます。

海外旅行のサービスが充実

JCB LINDAは、海外旅行のサービスが充実したカードです。そのため、海外旅行に行くためにクレジットカードを持ちたい女子学生の方にはメリットがあります。

具体的には海外でのショッピング保険や海外のホテルや食事、買い物の割引、現地での日本語サポートが受けられます。ただ、海外旅行保険がついていないという致命的な欠点があるので、保険だけはほかのカードでカバーすることをオススメします。

海外旅行保険は三井住友VISAアミティエカードでカバー

上記のとおり、JCB LINDAには海外旅行保険がついていません。そのため、海外旅行にはこのカードと合わせて、三井住友VISAアミティエカードを持って行くことをオススメします。

アミティエカードは、女子学生だけが申し込める女性専用カードです。在学中は年会費が完全に無料で、海外旅行保険はもちろん、国内旅行保険までついています。

ですので、海外旅行ではJCB LINDAのサービスを活用しつつ、万一のときの保険はアミティエカードを利用するという2枚持ちがオススメです。

三井住友VISAアミティエカードの詳細ページはこちら

ここからは、このカードの充実した海外旅行に関するサービスを紹介します。

海外ではショッピング保険も付帯

JCB LINDAには、カードで買った品物が壊れたり盗まれたりしたときの損害を保障してくれるショッピングガード保険が付いてます。この保険は、JCB LINDAで買い物をしてから90日以内であれば、年間最高100万円までの損害を補償してくれるのです。ただし、1事故につき1万円は自己負担する必要があります。

ほかのカードだと、1事故あたりの自己負担が3,000円と、このカードよりも安いものもあります。しかし、保険は万一のときのものなので、十分安心できるといえるでしょう。

海外での買い物のみ対象

上記のショッピング保険は、海外での買い物のみ適用されます。国内での買い物は対象とならないので注意しましょう。

なお、ショッピング保険の補償の対象とならないものがあります。これはすべてのクレジットカードのショッピング保険でいえることですが、食品や金券類をはじめ、以下のものは補償されません。

ショッピング保険の補償対象外となるもの

  • 船舶、航空機、自動車、原動機付自転車、自転車、ハンググライダー、サーフボード、セーリングボードおよびこれらの付属品
  • 義歯、義肢、コンタクトレンズその他これらに類するもの
  • 動物及び植物
  • 現金、手形、小切手、その他有価証券、印紙、切手、乗車券等、旅行者用小切手、その他チケット
  • 稿本、設計書、図案、帳簿、その他これらに準ずるもの
  • 自動車電話、携帯電話、これらの付属品
  • 食料品
  • 会員が従事する職業上の商品となるもの

特に注意が必要なのは、携帯電話です。このカードを使って携帯電話やスマホを買っても、ショッピング保険の対象にはなりません。ですから、スマホを壊したりなくしたりしたときのための保険は、カードのショッピング保険以外で考えましょう。

海外ツアーやホテルで割引

このカードの会員は、海外ホテルの予約では宿泊料金8%OFF、海外ツアーでは2,500円OFFの優待が受けられます。具体的に説明すると、旅行のオンライン予約を扱うエクスペディアでこれらの割引を受けることができます。エクスペディアとは、ホテルや航空券など、旅行に関するオンライン予約を扱う世界最大規模のサイトです。

エクスペディア公式サイト

上記のエクスペディアを利用するなら、このカードはオススメです。

また、J-Basket(ジェー・バスケット)という有料のサービスもあります。J-Basketでは、年会費2,913円+税で、会員限定のツアーやJCBトラベルのポイントアップなどの特典を受けることができます。

具体的にはJCBトラベルデスクへの電話予約で海外・国内パッケージツアーや海外・国内クルーズ、東京ディズニーリゾートへの旅を利用した場合、Oki Dokiポイントが通常の5倍貯まります。

なお、年間157,300円(税込)以上JCBトラベルデスクを利用すると、J-Basketの年会費以上のポイントが貯まるため、お得になります。

このように、JCB LINDAでは海外ツアーやホテルで割引を受けることができます。

海外での買い物や食事が約5~15%お得

JCB LINDAではさらに、海外のお店での買い物や食事で約5~15%の割引を受けることができます。JCB優待ガイドに掲載されているお店でこのカードで支払いをすると、お店ごとに決められた割引を受けることができるのです。

なお、JCB優待ガイドとは、JCBオススメの海外加盟店を地域別に紹介したMAP月オリジナルガイドです。JCB公式サイトの以下のページで内容を見ることができます。

JCB優待ガイド

JCB優待ガイドには、アメリカ本土・ハワイ・グアム・サイパン、シンガポール・韓国・香港・マカオ・台湾、フランス・イタリア・イギリスの割引などの優待が掲載されています。

現地での日本語サポート

JCB LINDAを持っていると受けられるのは保険や割引だけではありません。JCBプラザ ラウンジとJCBプラザで、日本語のサポートが受けられます。

JCBプラザ ラウンジとはJCB会員専用のラウンジのことで、世界主要9都市に、JCBプラザは世界60ヵ所に設置されています。

また、トラブル時には海外のJCBプラザコールセンター(24時間年中無休)で日本語サポートが受けられます。海外で何か困ったことがあれば、日本語で対応してもらえるのは安心できます。

JR東海のプラスEXが利用できる

最後に、これは海外旅行とは関係ありませんが、このカードは追加カードとしてプラスEXを利用できます。

プラスEXとは、年会費540円+税で東海道新幹線(東京~新大阪)の座席を、スマートフォンやPCから予約、変更できるサービスです。

さらに専用のICカードが発行され、予約後はプラスEXカードを改札機にタッチするだけで東海道新幹線に乗車できます。窓口で切符を受け取る必要がない上に、割引運賃が適用されるのが一般的なメリットです。

プラスEXよりも学割の方が得

学生の方なら新幹線利用時には学割が適用されます。プラスEXを使うと学割を受けることができないので、学割を利用することをオススメします。

以上のとおり、JCB LINDAは海外旅行のためのサービスが充実したカードです。ただ、海外旅行保険がついていないのが残念です。そのため、海外旅行のためにこのカードを持ちたいと考えているなら、もう1枚海外旅行保険がついたカードでカバーしましょう。

その他特典

JCB LINDAには、女性向けのサービスや海外旅行のサービスに加えて、チケットサービスが用意されていたり、東京ディズニーリゾートに関連したキャンペーンが定期的に行われたりしています。

特にこのカードの発行会社であるJCBは、東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーです。そのため、ディズニーファンの女子学生なら、ぜひともこのカードをオススメします。

以下では、チケットサービスと東京ディズニーリゾートのキャンペーンについて説明します。

チケットの先行販売や割引

このカードを持っていれば、コンサートやミュージカル、スポーツなど多彩な公演のチケットでJCB会員だけの先行販売や割引を受けることができます。インターネットで申し込めます。

JCB LINDAをはじめとするJCBカードを持っていると利用できるチケットJCBでは、上記のような優遇が用意されているのです。そのため、何かチケットを予約しようと思ったときは、まずはチケットJCBでチェックしましょう。

JCBマジカル

このカードは、JCBマジカルの対象カードです。JCBマジカルとは、一定の期間内にカードを利用すると、利用金額に応じて応募ができ、抽選で東京ディズニーリゾートのパスポートや宿泊券、グッズなどがもらえるキャンペーンのことです。

応募に必要なカード利用金額は毎回異なり、1口が5万円(税込)だったり1万円(税込)だったりとさまざまです。

具体的なプレゼント内容もその都度ちがいますが、過去にはディズニーホテル宿泊+パークチケット、パークチケット(ペア)、JCBマジカルオリジナルグッズなどのプレゼントがありました。

また、JCBはディズニーのイメージが強いですが、USJのキャンペーンが開催されることもあります。

たとえば過去には、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの貸切イベントへの招待やホテル宿泊、スタジオ・パスがプレゼントされ、USJのキャンペーンも定期的に開催されています。

セキュリティ機能も充実

ここまでJCB LINDAのサービスを中心に、お得に利用できる点について説明してきました。ただ、初めてクレジットカードを持とうと考えている女子学生の方であれば、カードを不正利用されて心当たりのない請求がされるなど、犯罪に巻き込まれないかが心配なのではないでしょうか?

このカードを発行しているJCBは、国内でも1、2を争う規模の会社です。そのため、国内でもトップクラスのセキュリティ対策を行っています。ですから、不正利用やインターネットでカード情報が漏れてしまう心配はまずありません。

インターネットショッピングでも安心

このカードでは、具体的なセキュリティ対策として本人認証サービス「J/Secure」(ジェイセキュア)が用意されています。

J/Secureとは、インターネットショッピングのときに登録したパスワードを入力して本人認証を行うサービスのことです。そのため、他人にカード情報を知られたとしても、パスワードを知らなければ悪用されることはありません。

また、2016年にはスマートフォンアプリを用いた本人認証サービスであるJ/Secureワンタイムパスワードが導入されています。ワンパスワードとは1回限り有効なパスワードなので、万が一パスワードを第三者にしられてしまったとしても、そのパスワードは利用できません。このように、不正利用されないよう徹底的に対策がされています。

不正利用はカード会社が補償してくれる

上記でこのカードは万全のセキュリティ対策だと説明しました。しかし、それでも不正利用されてしまう可能性はゼロではありません。そこでこのカードは、万が一の確率で不正利用の被害に遭ってしまっても、請求金額をカードを会社が補償してくれます。つまり、私たちがお金を支払う必要はないのです。

カード会社から毎月の請求があり、心当たりのない請求があれば、60日以内に連絡すればOKです。

補償されないこともある

上記のとおり、心当たりのないカード利用はカード会社が補償してくれます。ただし、以下のように私たち自身の不注意が原因の場合は補償されません。

  • 他人にカードを貸したり、カード情報を教えたとき
  • 家族など、カード会員の身内による利用
  • カード利用明細が届いてから60日以上たっているとき
  • 他人であっても、暗証番号が正しかったとき
  • 実は自分でカード利用してウソをつき、バレたとき

特に注意が必要なのは、暗証番号です。正しい暗証番号で不正利用された場合は、補償してもらえない可能性があるので、絶対に他人にバレないものを設定しましょう。なので、カードをむやみに他人に見せたり暗証番号を知られたりしないようにしましょう。

JCB LINDA(リンダ)まとめ

このページでは、JCB LINDAの特徴であるカードデザインやプレゼント、女性向け保険や海外旅行サービスなどについてくわしく説明しました。このカードは、オシャレでかわいいカードデザイン8種類の中から、好みを選ぶことができるのが大きな特徴です。

また、カードデザイン以外にも、女子学生向けのプレゼントや格安の保険、海外旅行サービスの充実など、女子学生のライフスタイルに合ったお得なサービスが用意されています。また、クレジットカード会社の大手として有名なJCBが発行しているカードなので、セキュリティやサポートも信頼できます。

一方でこのカードのデメリットも挙げると、カード利用で貯まるポイントは利用金額の0.5%と平凡なものです。また、海外旅行サービスが充実しているにも関わらず、海外旅行保険がついていないのは残念です。もしカード利用で貯まるポイントが多く欲しかったり、海外旅行のためにクレジットカードを持とうと考えていたりするなら、ほかのカードにも申し込んでカバーすることをオススメします。

そのため、おしゃれな女性向けデザインで、長く使えるカードを探している女子学生の方にオススメできます。

カードデザインがとにかくオシャレな女子学生向けカード!

JCB LINDA(リンダ)の申し込みはこちら

JCB LINDAの詳細

最後に、JCB LINDAのくわしいサービス内容を表にまとめました。

発行会社 株式会社ジェーシービー
国際ブランド b_jcb
年会費・
発行手数料
本カード

無料

ただし、
卒業後は月額100円+税の
データ維持費が必要

ETCカード

無料

d_quicpay 無料
(一体型・専用カード・携帯型すべて)
カード特典 年間利用額でポイント最大3倍
会員ネットサービス MyJCB
会員限定ショッピングモール Oki Dokiランド
付帯保険 海外旅行
傷害保険
なし
国内旅行
傷害保険
なし
ショッピング
保険
年間最高100万円
(海外利用のみ対象)
(1事故につき自己負担額1万円)
その他保険 盗難・紛失補償
ポイント 名称 OkiDokiポイント
付与条件

1,000円のカード利用につき1ポイント

【年間50万円のカード利用】
1,000円のカード利用につき2ポイント

【年間100万円のカード利用】
1,000円のカード利用につき3ポイント

有効期限 2年
ポイント交換 他ポイント Tポイント
スターバックスカード
nanacoポイント
dポイント
WALLETポイント
ビックポイント
ベルメゾン・ポイント
ジョーシンポイント
楽天ポイント
セシールスマイルポイント
JTBトラベルポイント
ちょコムポイント
楽天Edy
カエトクカード
ニッセンお買い物券
WAONポイント
キャッシュ
バック
可能
マイル d_ana ANAマイル

d_jal JALマイル

デルタ航空スカイマイル

限度額 ショッピング 学生は最高30万円
キャッシング 公式サイト参照
支払方法 1回、2回(手数料無料)、
ボーナス一括払い、
分割払い、リボ払い
支払日 15日締め翌月10日払い
金利手数料 リボ 15%
分割 7.92〜18%
海外利用手数料 1.6%
対応
電子
マネー
d_suica モバイルSuicaのみ利用可
ポイント対象外
d_edy チャージ可
ポイント対象外
d_pasmo
d_nanaco チャージ可
ポイント対象外
d_waon
d_au
 d_icoca チャージ可
ポイント対象外
d_pitapa
d_id
d_quicpay 利用可
ポイント対象
apple_pay 利用可(d_quicpay

カードデザインがとにかくオシャレな女子学生向けカード!

JCB LINDA(リンダ)の申し込みはこちら