学生のカード限度額を30万円以上に引き上げる方法

学生のクレジットカード利用限度額を、40万円や50万円にアップする方法はないのか? また、限度額50万円のクレジットカードはないのか? そのように多くの限度額を付与してくれる方法やカードを探していると思います。

残念ながら、学生が持つカード1枚の利用限度額は、どのカード会社であっても最高30万円です。たとえアルバイトをしていて年収100万円〜200万円ほどあったとしても、限度額が40万円や50万円になることはありません。逆に限度額5万円〜20万円に設定されることもよくあります。

しかし、限度額が最高30万円では、不便に感じることがあると思います。たとえば旅行や留学などで海外へ行くときや、高額な買い物をするときです。

このページでは、クレジットカードの限度額を実質的に30万円以上に引き上げることができる3つの方法を紹介します。それは、「2枚目のクレジットカードを持つ」、「親の家族カードを持つ」、「デビットカードを持つ」です。

カード限度額30万円は、法律で定められている

「実質的に限度額を引き上げる方法」を紹介する前に、なぜ学生がクレジットカードを持つと限度額が30万円なのかについて説明します。

限度額が最高30万円である理由は、割賦販売法(法律)により「クレジットカードの限度額は、その人の年収等から支払い可能であると判断できる金額でなければならない」「限度額30万円までなら、年収等に一切関係なく設定することができる」と規定されています。

無収入の学生がクレジットカードを持つことができる理由は、上記の「限度額30万円までなら、「年収等」に一切関係なく設定することができる」からです。

それなら、アルバイトで収入がある学生なら、限度額が30万円以上になることもあるのでは? と思われるかも知れません。しかし、割賦販売法でいう「年収等」とは、社会人(それも正社員)の給料のような毎月安定した収入を指します。アルバイトは正社員と比べると月々の収入は不安定で、また辞めてしまうと収入がなくなるという理由でアルバイトは安定した収入があるとはみなされません。そのため、クレジットカードの限度額の設定ではアルバイト収入は年収として計算されないのです。

2010年11月まではこのような規制がなかったため、カード利用の実績(カードを利用して支払期日どおりに支払う)を作ることにより、職業や年収に関係なく限度額は増えていきました。しかし、現在では職業や年収が変わらない限り、限度額は増えません。

また、限度額はあくまでも「最高」30万円です。ですから必ず30万円になるとは限りません。5万円や10万円、20万円などになる場合もあります。カードの利用限度額は、申し込みのときにカード会社が行う審査により決定され、全ての人が必ず限度額30万円になるとは限りません。なお、審査の基準については、カード会社は公開していません。

このように、学生がクレジットカードを持つ場合、限度額が30万円を上回ることはありません。

30万円以上は「一時引き上げ」もできない

クレジットカードには、限度額の「一時引き上げ」というものがあります。

一時引き上げとは、海外旅行や高額な買い物をするときだけ、一時的にカード限度額を上げてもらうことです。

普段の限度額は30万円でも、一時引き上げなら30万円を超えることができるのではないか? と考えるかも知れません。しかし、上記の割賦販売法により、一時引き上げであっても限度額を30万円以上にすることはできません

もしも、そのカードの利用限度額が30万円より少なく設定されている場合は、一時的に30万円までなら限度額を引き上げることができる可能性があります。(カードの会員専用サイトやカード会社に電話することにより一時引き上げを申し込むことができます。)ただし、必ず一時引き上げしてくれるわけではなく、カード会社に拒否され、増額できないこともあります。

このように、一時引き上げであっても、限度額を30万円以上にすることはできません。しかし、普段の利用限度額が30万円未満であれば、一時的に限度額を引き上げることができる可能性があります。

実質的にカード利用限度額を引き上げる方法

ここまで、法律により1枚のカードで限度額30万円を超えることはできないことを説明しました。そして、たとえ一時的な引き上げであっても限度額を30万円以上にすることはできません。

そこで、ここからは複数のカードを持つことにより、トータルでの限度額を30万円以上に増やす3つの方法を説明します。具体的には、「2枚目のクレジットカードを持つ」、「親のクレジットカードの家族カードを持つ」、「デビットカードを持つ」です。これらを持つことにより限度額を増やすことができます。以下で詳しく説明します。

1.2枚目のクレジットカードを持つ

1つ目は、2枚目のクレジットカードを持つ方法です。上記で法律により限度額30万円を超えることはできないと書きました。しかしこれは1枚のクレジットカードでの話です。すでに限度額30万円のカードを持っていたとしても、2枚目のカードに申し込んで持つことは十分に可能です。

たとえば、1枚目のクレジットカードとして三井住友VISAデビューカード(学生専用)に申し込み、限度額が30万円だったとします。その後に学生専用ライフカードに申し込んだところ、限度額は10万円でした。これで合計40万円の限度額となります。

これにより、財布に現金がなく、1枚目のクレジットカードを限度額まで利用している状態でも、2枚目のカードを使えば買い物ができるのです。

気をつけなければならないのは、2枚目に申し込んだカードは、1枚目のカードと比べると限度額は低く設定されることです。カード会社はカードの申し込みがあったとき、その人が持っている他のカードの利用状況、支払状況を知ることができます。カード会社は2枚目のカードで多くの限度額を設定すると、利用額を支払ってもらえない可能性が高くなると考え、限度額を低めに設定するのです。つまり、新しくカードに申し込むごとに限度額が30万円ずつ増えるわけではありません。

このように、2枚目のクレジットカードに申し込んで持つことにより、1人で限度額30万円以上カードを利用することができます。これなら、もし1枚目のクレジットカードが限度額に達してしまい利用できなくなっても、2枚目のカードは問題なく利用することができます。

この方法であれば、2枚のクレジットカードを合わせた限度額は35万円〜40万円になります。しかし、35万円〜40万円では海外旅行や高額な買い物に使いたいと考えたとき、やや不安が残ります。そこで次では、もっとカードを利用できる金額を増やすことができる方法を紹介します。

2.親の家族カードを持つ

2つ目の方法は、親のクレジットカードの「家族カード」を持つというものです。

家族カードとは、クレジットカードの追加カードで、カードの利用額は親が一括して支払います。そして、親のカードと家族カードを合わせて、親に設定されている限度額まで利用することができます。つまり、親の限度額を一緒に使うことができるのです。

学生の親であれば、職業や年収にもよりますが、多くの場合カードの限度額は約50万円〜100万円に設定されています。

たとえば、自分の学生クレジットカード(限度額30万円)と、親の家族カード(限度額50万円)を持っているとします。親がクレジットカードを10万円利用したとすると、残り40万円は家族カードで利用できるため、合計で70万円まで利用できる限度額となります。

ただし、注意が必要なのは、家族カードは親(カード所有者)が申し込む必要があるということです。家族カードは親のクレジットカードの追加カードだからです。ですから、親に家族カードに申し込んでくれるよう、お願いする必要があります。

また、家族カードの利用額は親が支払うことになるため、カードの使い道が親にバレてしまいます。そして親以外の名義の口座から利用額を支払うことは絶対にできません。ですから、自分のカードと同じ感覚で利用するには適していません。学生として必要なノートパソコンの購入費や、帰省のための飛行代や新幹線代など、親に堂々に言える使い道に限られます。

このように、自分の学生カードと合わせて親の家族カードを持つことも、自分が利用できる限度額を増やす1つの方法です。

3.デビットカードを持つ

3つ目は、「デビットカード」を持つというものです。

デビットカードとは、クレジットカードと同じようにお店やネットショップで利用できる銀行のキャッシュカードのことです。

デビットカードとクレジットカードの最大の違いは、利用額を支払うタイミングです。クレジットカードは利用額を翌月などにまとめて後払いします。一方、デビットカードは利用した瞬間に、利用額が銀行口座から引き落とされます。また、デビットカードではクレジットカードのようにリボ払いや分割払い、ボーナス払いを利用することはできません。

デビットカードは利用金額がすぐに口座から引き落とされるため、限度額=銀行の預金残高です。預金残高の範囲ならいくらでも利用することができます。(ただし、1日で利用できる金額は100万円などの上限があります。)

たとえば、夏休みのハワイ旅行のツアー代10万円をクレジットカードで支払おうとしたとします。持っているカードは限度額に達してしまうので利用することができません。そのようなときにデビットカードなら、銀行の口座残高が10万円以上あれば支払うことができます。そして、ツアー代10万円は即座に銀行口座から引き落としされます。

デビットカードを持っていれば、10万円もの大金を財布に入れる必要がありません。そして、デビットカードには盗難補償があるので、もしも財布ごと盗難に遭ったりなくしたりしても、不正利用された金額は補償されます。

ただし、すべての銀行がデビットカードを発行しているわけではありません。デビットカードを発行している銀行で口座開設し、利用額が引き落とされる残高を前もって用意しておく必要があります。

このように、デビットカードはアルバイトでの収入が多い学生で、クレジットカードの限度額が少なく感じている場合、クレジットカードと合わせてデビットカードを利用する方法があります。

まとめ

このページでは、複数のカードを使って限度額を30万円に引き上げる方法について説明しました。無収入もしくは収入か安定しない学生が1枚のクレジットカードで限度額が30万円以上になることはありません。ですから代替え案として、「2枚目のクレジットカードを作る」、「親の家族カードを持つ」、「デビットカードを持つ」ことにより、限度額をアップさせる3つの方法を紹介しました。

この3つの中から1つしか選べないわけではありません。自分のクレジットカードを2枚持った上で、親の家族カードとデビットカードを持つなどのように、すべて持つことも一切問題ありません。旅行や留学で海外に行くときやいざと言うときのために、限度額40万円〜50万円は欲しいと考えている場合の参考にしていただけたらと思います。

オススメの学生クレジットカードの一覧はこちらで紹介しています

学生クレジットカードの限度額に関するくわしい情報