クレジットカードは引き落とし口座を登録しないと発行されない

クレジットカードは引き落とし口座を登録しないと発行されない

カードを作るためには、引き落とし口座が必要です。しかし、「具体的にどこの銀行の口座を用意すばいいのか分からない」や「名義は誰でもいいの?」、「口座を届け出ないと、どうなるの?」などの不安や疑問があるのではないでしょうか?

そこでこのページでは、クレジットカードの引き落とし口座の登録方法や登録できる金融機関についてくわしく説明します。

口座を登録しないとカードが発行されない

クレジットカードを申し込むには、口座の登録が必要です。多くのカード会社は、カードの申し込みと同時に引き落とし口座を届け出た後にカードを発行してくれるからです。引き落とし口座を登録しないと申し込みが完了しないため、カードを発行してもらうことはできません。

カードの利用金額は、翌月にまとめてこの登録した口座から自動的に引き落とされます。なお、引き落としの前にカード会社からメールや郵送で引き落とし金額の通知があります。

このように、クレジットカードに申し込んで利用するためには、引き落とし口座を登録する必要があります。

登録・設定できる金融機関

では、引き落とし口座は銀行や信用金庫など、どの金融機関の口座を用意すればよいのでしょうか? 基本的には、金融機関であればどこでも登録できます。どのカード会社も、ほぼすべての銀行や信用金庫、農協、漁協、労働金庫(ろうきん)に対応しているからです。

ゆうちょ銀行はもちろん、ジャパンネット銀行や楽天銀行のようなネットバンクでも、引き落とし口座に登録できます。

三井住友カードでもほぼすべての金融機関が登録できます。三井住友銀行でないと登録できないわけではありません。ですから、アルバイトの給料や親からの仕送りを受け取っている口座を設定すると、わざわざ口座を作る必要がなく、また残高不足が理由でカード利用金額が払えない恐れがないためオススメです。

どのカードの引き落とし口座であっても、ネットバンクを含めほぼすべての金融機関を登録することができます。

口座名義は学生本人のみ

カードの引き落とし口座に登録できるのは、カードを申し込む学生本人の名義のものだけです。ほぼすべてのカード会社は、引き落とし口座は本人名義と決めています。

ですから、自分の名前で申し込み、親の口座から利用金額を引き落とされるようにしたいと思っても受け付けてもらえません。必ず自分名義の口座を用意しましょう。

銀行に届け出ている住所とカードの申し込み住所が違ってもOK

持っている口座を作ったときの住所が、カードの申し込みの住所とちがっても問題ありません。引き落とし口座は、銀行名と支店名、普通預金のような口座種別、口座番号、口座名義の情報だけで登録できるからです。

たとえば、口座を作ってから引っ越しをし、銀行には届け出ずにそのまま使っていたとしても、わざわざ銀行で住所変更の手続きをする必要はありません。

引き落とし口座は、後から変更できる

カード申し込みのタイミングで引き落とし口座を登録する必要があります。しかし、カードを手に入れた後で、いつでも引き落とし口座を変更することかできます。

たとえば、アルバイトの都合で新しい口座を作ったので、引き落とし口座を変更したいと思ったとします。このようなときはカード会社に手続きをすればいつでも変更できます。このように、申し込みのときに登録した口座はいつでも変更することができます。

1枚のカードで1つの口座しか登録できない

引き落とし口座は、1つだけ登録できます。基本的には複数の口座を登録することはできません。たとえば、コンビニでの買い物とインターネットショッピングのような使いみちに応じて引き落とす口座を分けることはできません。

なお、クレジットカードを2枚持っていて、それぞれ別の口座から引き落とすように登録することは可能です。ですから、どうしても使いみちによって引き落とし口座を分けたいときは、2枚のカードを使い分けるようにしましょう。

SBIカードは、引き落とし口座を複数登録できる

上記で、1枚のカードにつき1つの引き落とし口座しか登録できないと書きました。しかし、中には1枚のカードで複数の引き落とし口座を登録できるカードもあります。

SBIカードレギュラー

SBIカードには、マルチバンク機能があります。マルチバンク機能とは、最大5つの口座を登録できる機能のことです。

基本的には前もって設定した優先口座からカード利用金額が引き落とされます。なお、優先口座はいつでもインターネット上で変更することができます。そして、利用金額の一部や全額を、インターネット上で自動引き落としよりも前に手動で支払うことができます。このときの支払いは、登録してある最大5つの口座の中から選ぶことができます。

SBIカードは学生であっても持つことができるカードですが、デメリットもあります。それは、引き落とし口座に指定できる金融機関は、住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、東京三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行の8つだけだということです。ほかの金融機関の口座を引き落とし口座に登録することはできません。

ただ、SBIカードは引き落とし口座を複数登録できる珍しいカードなので、どうしても引き落とし口座を分けたい場合はこのカードに申し込んで持つという選択肢もあります。

SBIカードの公式サイト

引き落とし口座の登録方法

カードの引き落とし口座を登録するには、インターネットだけで手続きを済ませることができる方法と、書類に銀行印を押してカード会社に郵送する方法の2つがあります。インターネットでの手続きの方が手間は少なく、早くカードを手に入れることができるのでオススメです。

ただし、引き落とし口座に登録したい金融機関がインターネットでの登録に対応していない場合、紙の引き落とし依頼書に記入して銀行印を押し、カード会社に郵送する必要があります。以下でこの2つの方法について説明します。

1.インターネット設定の口座がオススメ

インターネットで設定できる金融機関を引き落とし口座に設定すると、インターネットで銀行名や支店名、口座番号を入力するだけで設定ができます。印鑑を押したり書類を郵送したりする必要はないのです。また、書類を郵送する時間を短縮できるので、申し込みから手元にカードが届くまでの期間も短くて済みます。

インターネットで設定できる金融機関はカード会社により異なりますが、ほとんどの場合、みずほ銀行や三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行は対応しています。以下では代表的な金融機関を表にまとめましたが、まだまだ多くの金融機関がインターネット設定に対応しているので、申し込むときにはカード会社の公式サイトで確認してみましょう。

主なカードのインターネット設定できる金融機関

クレジットカード インターネット設定できる主な金融機関
三井住友VISA
デビュープラスカード
みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、
ゆうちょ銀行、ソニー銀行、イオン銀行 など
セゾンカード みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、
ゆうちょ銀行、セブン銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行 など
エポスカード みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、
ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行、楽天銀行 など
学生専用
ライフカード
みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、新生銀行、
ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行、ソニー銀行、じぶん銀行 など
JCB CARD EXTAGE ※学生はインターネットでの口座設定ができません

注意が必要な点は、たとえ上記のインターネット設定に対応している金融機関であっても、申し込む学生が未成年(20歳未満)だとインターネットでの口座登録はできません。未成年の学生は、必ず郵送で引き落とし口座を登録する必要があります。

ただ、インターネット設定に対応している口座を持っている20歳以上の学生であれば、簡単に手続きができ、早くカードを手に入れることができるインターネット設定による口座登録をオススメします。

2.郵送での届け出

インターネット設定による引き落とし口座の登録ができない場合、郵送で登録する必要があります。

具体的には、インターネットでカードに申し込んだ後、カード会社から自動引き落とし依頼書の用紙が郵送されます。この用紙に口座情報を書き込み、銀行の届出印を押して、返信用封筒に入れて郵送します。

依頼書に書く内容は、銀行名と支店名、預金口座種別(普通預金や当座預金)、口座番号、口座名義です。キャッシュカードの暗証番号は不要です。

引き落とし口座の口座番号と名義を記入し、届出印を押してカード会社に郵送します

このとき、口座情報や届出印を間違えると、カード会社から正しい内容で再度提出するように言われます。何度も郵送するのは面倒ですし、カードを手に入れるのがどんどん遅くなってしまいます。ですから、内容に間違いがないよう通帳やキャッシュカードをよく見ながら書きましょう。

以上のように、引き落とし口座を登録する方法には、インターネットと郵送の2種類があります。

まとめ

このページでは、クレジットカードの引き落とし口座の登録方法について、くわしく説明しました。

カードを手に入れるためには、引き落とし口座を必ず届け出る必要があります。カードの利用金額を支払う必要があるからです。すべてのカードでは、日本中のほとんどの銀行(ゆうちょ銀行やネットバンクも含む)や信用金庫、労働金庫、農協、漁協のような金融機関が登録できます。ですから、今使っている口座を登録するのがオススメです。

引き落とし口座をカード申し込みのときに登録する方法は、インターネットと郵送の2種類があります。できることなら、インターネットだけで手続きが完了して早くカードを手に入れることができるインターネットでの手続きをオススメします。しかし、インターネットで手続きできる口座は限られています。そのため、引き落とし口座に登録したい口座がインターネット設定に対応していなかったり、20歳未満の学生だったりすると、紙の自動引き落とし依頼書に必要事項を書いて銀行印を押し、カード会社に郵送する必要があります。

どちらにしても、引き落とし口座を登録しないとカートが発行されません。ですから必ず手続きをしましょう。